[出典] Virus-like nanoparticle as a co-delivery system to enhance efficacy of CRISPR/Cas9-based cancer immunotherapy. Liu Q [..] Shi L, Kang C, Liu Y. Biomaterials 2020-08-07

 南開大学と天津医科大学綜合医院の研究グループは今回、メソポーラスシリカ(mesoporous silica nanoparticle: MSN)をコアとし、脂質をシェルとするウイルス様ナノ粒子 (virus-like nanoparticle: VLN)により、PD-L1を標的とするCas9-sgRNAと、アキシチニブを同時デリバリーすることで、抗腫瘍性の相乗効果を得られることを示した。

 Cas9-sgRNAとアキシチニブを吸着したMSNは脂質膜で保護され、血液循環中、安定し、腫瘍組織に多到達する。還元的腫瘍微小環境に応答して、腫瘍組織内へ放出され、in vivoモデルにてメラノーマの増殖を抑制した。

[ナノ粒子によるデリバリー関連crisp_bio記事]