[出典] "Efficient and high-fidelity base editor with expanded PAM compatibility for cytidine dinucleotide"Liu Z, Chen S, Jia Y, Lai L, Li Z. SCIENCE CHINA Life Sciences  (Accepted)


 吉林大学に中国科学院広州生物医薬与健康研究院が加わった研究グループは今回、CBEのSpCas9のニッカーゼ (nSpCas9)を、単純なCCのジヌクレオチドのPAM (NNNNCC)を認識し、オフターゲット編集が極めて稀で小型のNeisseria meningitidis由来のCas9, Nme2Cas9 [*],のニッカーゼ (nMme2)に替えることで、CBEの適用範囲を広げ精度を向上し、ウサギのFgf5遺伝子に精密な1塩基置換を帯びたF0世代の作出に成功した。ヒト細胞とウサギ胚における編集効率はそれぞれ29.0-55.0%と17.3-52.5%であった。