1.CRISPR/Cas9によるContradictory Results病因変異修復論文(*)に対する”Contradictory Results”: ヒト胚ではgene conversionによるDSB修復は進行しない

  • [出典] “Inter-homologue repair in fertilized human eggs?” Egli D, Zuccaro M, Kosicki M, Church G, Bradley A, Jasin M. (bioRxiv  2017-08-28) Nature 2018-08-08. 
  • (*) “Correction of a pathogenic gene mutation in human embryos.” Ma H et al. Nature. 2017 Aug 24;548(7668):413-419. Published online 02 August 2017
  • [手法] 肥大型心筋症病因変異遺伝子MYBPC3GAGTを帯びた精子と野生型(正常)卵母細胞に由来する受精卵のS期にCRISPR/Cas9を送達;[結果] CRISPR/Cas9を介した二本鎖DNA切断の相同組換え修復過程において、修復テンプレート用合成DNAではなく、野生型母系正常遺伝子配列によって病因変異が修復され (gene conversion)、また、モザイク発生は抑制され、オフターゲットも非検出であった。
2.歯周病菌Porphyromonas gingivalisCRISPRシステムにおいて外来DNA由来スペーサーはわずかに1.1%である
  • [出典] “Investigation of potential targets of Porphyromonas CRISPRs among the genomes of Porphyromonas species.” Watanabe T, Shibasaki M, Maruyama F, Sekizaki T, Nakagawa I. PLoS One. 2017 Aug 24;12(8):e0183752
  • P. gingivalis 64ゲノム(新規シーケンシング51ゲノム、公共DB由来13ゲノム)とPorphyromona属のその他の種46ゲノムを解析し、15タイプのCRISPR/CasシステムとCasを伴わない3種類のCRISPR遺伝子座を同定(P. gingivalisには6タイプ存在)。
    Porphyromonas 1 Porphyromonas 2
  • 同定したCRISPRアレイ中の6,896個のスペーサーをPorphyromona属ゲノムデータおよび国際塩基配列データベースのバクテリア/アーケア/ウイルス配列データと照合した結果、1,720個のスペーサー(24.9%に相当)の相同配列がPorphyromona属ゲノムに存在した一方で、Porphyromona属以外に相同配列が存在したスペーサーはわずかに74個(1.1%に相当)であり、CRISPR/Casシステムが、外来ファージ・プラスミドに対する獲得免疫応答以外の免疫機能を有していることが示唆された。

3.CRISPRシステムによる集団免疫がバクテリア集団におけるファージ感染を制限する

  • [出典] “CRISPR-based Herd Immunity Limits Phage Epidemics in Bacterial Populations.” Payne P,  Geyrhofer L, Barton NH, Bollback JP. bioRxiv. Posted August 28, 2017. No reuse allowed without permission