1.初代培養細胞において、低分子によって、CRISPR/Cas9による相同組換え修復(HDR)効率を大きく改善

  • [出典] “Small molecules enhance CRISPR/Cas9-mediated homology-directed genome editing in primary cells.” Li G, Zhang X, Zhong C, Mo J, Quan R, Yang J, Liu D, Li Z, Yang H, Wu Z. Sci Rep. 2017 Aug 21;7(1):8943.
  • ブタ胎児線維芽細胞において、低分子Scr7L755507またはレスベラトロールによるHDR亢進効果を評価。EGFPレポーターシステムで評価したHDR効率は、コントロールに対して、Scr7L755507が2倍、レスベラトロールが3倍に。ノックインの達成効率での評価では、コントロールの26.1%から50%程度までに改善。この低分子によるHDRの亢進は、細胞周期との同期やドナーDNAの最適設計などの手法と併用可能。

2.耐寒性/耐熱性のKluyveromyces marxianus酵母株ゲノム編集の包括的ツールセットの開発

  • [出典] “Development of a comprehensive set of tools for genome engineering in a cold- and thermo-tolerant Kluyveromyces marxianus yeast strain.” Nambu-Nishida Y, Nishida K, Hasunuma T, Kondo A. Sci Rep. 2017 Aug 21;7(1):8993.
  • 嫌気性条件下のみでアルコール発酵し生育が早いと言ったS. cerevisiaeには無い特徴を有する酵母K. marxianusにおいて、NHEJに関与するタンパク質のヌル変異体をTarget-AIDによる遺伝子(Nej1とDnl4)への変異導入により作出し、HRD比率を高めて、マーカーレスのCRISPR-Cas9によるDNA断片挿入を実現。

3.多様な糸状菌の遺伝子破壊に利用可能なCRISPR-Cas9ゲノム編集手法を開発

  • [出典] “Development of a versatile and conventional technique for gene disruption in filamentous fungi based on CRISPR-Cas9 technology.” Zheng YM, Lin FL, Gao H, Zou G, Zhang JW, Wang GQ, Chen GD, Zhou ZH, Yao XS, Hu D. Sci Rep. 2017 Aug 23;7(1):9250.
  • 糸状菌は薬理活性化合物の供給源であるが、ゲノム編集による生理活性代謝産物の増量と多様化が広がれば、その価値がさらに上昇する。CRISPR-Cas9による糸状菌ゲノム編集がこれまでのモデル菌株に限られていたことに対して、今回、研究が進んでいなかったNodulisporium sp. (No. 65-12-7-1) および子嚢菌門のAspergillus oryzae NSAR1およびSporormiella minima (No. 40-1-4-1)、さらにはTalaromycesMyrotheciumのゲノム編集にも展開可能な手法を確立した。
  • 本手法では、Cas9を発現する菌類に、内在するU6プロモーターを必要としないin vitro転写gRNAと、リニアな選択マーカー遺伝子カセットを含むDNAフラグメントを同時に送達する。このDNA断片は、形質転換体の選択に役立つだけでなく、自身をCas9切断サイトに挿入することで標的の破壊効率を顕著に上昇させることも見出した。

4.CRISPR/Cas9によるシンプルで安定なヒトES細胞の遺伝子ノックアウト法

  • [出典] “An efficient method for generation of Knock-out human embryonic stem cells using CRISPR/Cas9 system.” Bohaciakova D, Renzova T, Fedorova V, Barak M, Bosakova MK, Hampl A, Cajanek L. Stem Cells Dev. 2017 Aug 23.
  • p53を標的とする実証実験
  • [注] crispr_bioの環境で閲覧できたのがアブストラクト限りでした。

5.[出典] “Self-cleaving ribozymes enable the production of guide RNAs from unlimited choices of promoters for CRISPR/Cas9 mediated genome editing.” He Y et al. J Genet Genomics .Available online 24 August 2017,

  • [注] crispr_bioの環境で閲覧できたのがタイトルを含む書誌事項限りでした。