[注] 本稿はCRISP_SCIENCEのCRISPR関連2017年11月22日ツイートに準拠しています。

1. CHO細胞のゲノムワイド遺伝子欠損ライブラリーの構築へ
  • [出典]"Generation of a Chinese Hamster Ovary cell genome-wide deletion library" Schmieder V, Jadhav V, Kildegaard HF, Borth N. in "Biochemical and Molecular Engineering XX", Wilfred Chen, University of Delaware, USA Nicole Borth, Universität für Bodenkultur, Vienna, Austria Stefanos Grammatikos, UCB Pharma, Belgium Eds, ECI Symposium Series, (2017).
  • CHO細胞はバイオ医薬品のおおよそ70%の産生に利用されている。今回、CRISPR/Cas9によりCHO細胞のゲノム〜150kb規模の削除と機能喪失を実現;gRNAのバイシストロニック転写を利用;CRISPR/Cas9とCRISPR/Cpf1の併用
2. ラット精巣上体における精子成熟に対するβ-ディフェンシン(Defbs)ファミリーに属する遺伝子の協働効果が、CRISPR/Cas9ゲノム編集から明らかに
  • [出典]"CRISPR/Cas9-mediated genome editing reveals the synergistic effects of β-defensin family members on sperm maturation in rat epididymis" Yada RC, Ostrominski JW, Tunc I, Hong SG, Zou J, Dunbar CE. Curr Protoc Stem Cell Biol. 2017 Nov 15;43:5A.11.1-5A.11.14.
  • 精巣上体の特定の領域でDefb23, Defb26, およびDefb42が高発現し、CRISPR/Cas9による個々の遺伝子の破壊が繁殖性に影響せず、Defb23/26またはDefb23/26/42の欠損により低受胎性になることを同定
3. タイプIII-A CRISPR-Casシステムにより、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)のStaphylococcal cassette chromosome mec (SCCmec)の一部が削除される
  • [出典]"Chromosomal Targeting by the Type III-A CRISPR-Cas System Can Reshape Genomes in Staphylococcus aureus" Guan J, Wang W, Sun B. 
    mSphere. 2017 Nov 15;2(6).
  • 先行研究から、内在CRISPR-Casシステムが、バクテリアゲノムに組み込まれた可動遺伝子要素(MGEs)を削除することで、バクテリアゲノムの再編成と進化を促すことが示唆されている
  • 著者らはこれまでにS. aureusの臨床分離株6種類にタイプIII-A CRISPR-Casシステムを見出し、その免疫機能を同定していた。今回、SCCmec内のmecA遺伝子を標的とするスペーサーを帯びたCRISPRプラスミドを合成し、CRISPRシステムによるSCCmecに向けて染色体ターゲッティングの効果を評価した。
  • バクテリアは、内在遺伝子に完全に一致するスペーサーによる損傷(自己免疫応答)を、様々な変異によって回避する。最も高頻度な変異機構は、SCCmec全体の削除ではなく、SCCmec内の配列の改変であった。さらに、crRNAsの長さ、crRNAsの5'末端タグとの間のミスマッチならびにプロトスペーサーに隣接する塩基と、タイプIII-A CRISPR免疫応答との相関を明らかにした。
  • [関連論文]"Identification and functional study of type III-A CRISPR-Cas systems in clinical isolates of Staphylococcus aureus" Cao L, Gao CH, Zhu J, Zhao L, Wu Q, Li M, Sun B.Int J Med Microbiol. 2016 Dec;306(8):686-696.
4. 生殖細胞系列でCas9を発現するネッタイシマカの系統を作出し、ネッタイシマカの高効率なゲノム編集を実現
  • [出典]"Germline Cas9 expression yields highly efficient genome engineering in a major worldwide disease vector, Aedes aegypti" Li M, Bui M, Yang T, Bowman CS, White BJ, Akbari OS. Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Nov 14.
  • このトランスジェニック系統を利用して、正常な形態発生に重要な遺伝子を欠損した変異体を多数作出し、二重・三重変異体も作出した。また、HDRの効率も1桁以上向上した。
  • このトランスジェニック系統は、ネッタイシマカのハイスループット逆遺伝学スクリーンによる機能ゲノミクスを促進し、遺伝子ドライブによる制御法の研究開発への手掛かりともなる。
5. MAT遺伝子座を標的とするCRISPR/Cas9システムにより、酵母の接合体スイッチを高速かつ高効率で実現
  • [出典]"Rapid and Efficient CRISPR/Cas9-Based Mating-Type Switching of Saccharomyces cerevisiae" Xie ZX, Mitchell LA, Liu HM, Li BZ, Liu D, Agmon N, Wu Y, Li X, Zhou X, Li B, Xiao WH, Ding MZ, Wang Y, Yuan YJ, Boeke JD.G3 (Bethesda). 2017 Nov 17.
  • 酵母ゲノム合成プロジェクトSc2.0において、個々に合成された16種類の染色体を統合して生理機能を発揮する細胞を作出するためには、接合型(a型とα型)のスイッチと交雑を繰り返す必要がある。今回、これまで非効率であった接合体スイッチ法を大きく改良した。
6. CRISPRシステムに基づくゲノム編集技術のウイロイドへの展開
7. sgRNAをtoehold switchリボレギュレーター化することで、CRISPR dCas9の活性を調節する
8. [特許]CRISPRによる多重ゲノム編集
  • [出典] "CRISPR ENABLED MULTIPLEXED GENOME ENGINEERING" US2017/0321226 A1 Pub Date Nov 9, 2017:発明者 Gill, Ryan T. (Denver, CO, US), Garst, Andrew (Boulder, CO, US) ;譲受人THE REGENTS OF THE UNIVERSITY OF COLORADO, A BODY CORPORATE (Denver, CO, US)