1.[プロトコル]前核収入法によるゴールデンシリアンハムスターのCRISPR/Cas9ゲノム編集
  • [出典] Li R, Miao J, Fan Z, Song S, Kong IK, Wang Y, Wang Z. "Production of Genetically Engineered Golden Syrian Hamsters by Pronuclear Injection of the CRISPR/Cas9 Complex" J Vis Exp. 2018 Jan 9;(131)
  • トランスジェニックマウス作出で成功を見た1細胞期受精卵の前核に遺伝子導入する前核注入(pronuclear (PN) injection)法を他の実験動物や家畜へ展開するには、マイクロインジェクションや体外培養といった技術と共に、標的生物種についてその生殖整理などについての知見が必要である。遺伝子ノックアウトとノックインを帯びたゴールデンシリアンハムスター(golden hamster|Syrian hamster)を、PN法によって初めて作出した著者らのビデオ・プロトコル
  • [関連論文とレビュー] Mashiko D, Fujihara Y, Satouh Y, Miyata H, Isotani A, Ikawa M. "Generation of mutant mice by pronuclear injection of circular plasmid expressing Cas9 and single guided RNA" Sci Rep. 2013 Nov 27;3:3355;伊川正人. "ゲノム編集がひらく遺伝子改変マウスの未来" ライフサイエンス 領域融合レビュー. 2014年7月15日.
2.Cas9 RNPとAAV6によるヒト多能性幹細胞(hPSCs)のセレクション・フリーで高効率な相同組換え(HR)ゲノム編集
  • [出典] Martin R, Ikeda K, Uchida N, Cromer MK, Nishimura T, Dever DP, Camarena J, Bak R, Lausten A, Jakobsen MR, Wiebking V, Sebastiano V, Nakauchi H, Porteus MH. "Selection-free, high frequency genome editing by homologous recombination of human pluripotent stem cells using Cas9 RNP and AAV6" bioRxiv. Posted January 23, 2018.
  • 2.2 kb DNA発現カセットのhPSCsの遺伝子座HBBとMYD88へのノックインをそれぞれ94%と67%の効率で実現。
  • 鎌状赤血球症(SCD)患者由来のiPSCにおけるホモ型SCD変異の修復効率62%を達成。
3.[プロトコル]CRISPR/Cas9によるヒトiPSCsの内在タンパク質の蛍光標識法
  • [出典] Sharma A, Toepfer CN, Ward T, Wasson L, Agarwal R, Conner DA, Hu JH, Seidman CE. "CRISPR/Cas9-Mediated Fluorescent Tagging of Endogenous Proteins in Human Pluripotent Stem Cells" Curr Protoc Hum Genet. 2018 Jan 24;96:21.11.1-21.11.20.
  • HDRを介したタンパク質への蛍光レポータータンパク質融合実験プロトコル
4.ウイルスのp30遺伝子(CP204L)を標的とするCRISPR/Cas9により、アフリカ豚コレラウイルス(ASFV)の複製を効果的に阻害
  • [出典] Hübner A, Petersen B, Keil GM, Niemann H, Mettenleiter TC, Fuchs W. "Efficient inhibition of African swine fever virus replication by CRISPR/Cas9 targeting of the viral p30 gene (CP204L)" Sci Rep. 2018 Jan 23;8(1):1449.
  • コドン71-78を標的とするsgRNAとCas9遺伝子をイノシシ肺由来のASFV許容細胞に送達することで、ASFVのプラーク形成の阻害およびウイルス量の4桁減を実現。
5.発展途上国における遺伝子ドライブとCRISPR/Cas9によるマラリアと媒介蚊の絶滅は得策か
  • [出典] Roitman LA, Fisher D, Theriot J. "Playing God: Eradicating Malaria and Mosquitoes in the Developing World with Gene Drives and CRISPR/Cas9" J Nanomed Nanosci. 2017 Nov 10.
  • 蚊帳によるマラリア感染防止のコスト(一張US$3.-;3,000ドルで一人の命を救うとされている)、パナマ、ケイマン諸島およびブラジルでのOxitec社による実地試験の結果、CRISPR/Cas9によるマラリア耐性蚊の作出などと、遺伝子ドラインブを比較し、遺伝子ドライブが最適な手法とした。
6.蛍光タンパク質を融合したdCas9とテロメアを標的とするsgRNAの一過性発現により、植物(タバコ)におけるクロマチン可視化を実現
  • [出典] Fujimoto S, Matsunaga S. "Visualization of Chromatin Loci with Transiently Expressed CRISPR/Cas9 in Plants" Cytologia. 2017;82(5):559-562