1. 責任ある遺伝子編集に関心がありますか?それならクラブ'ARRIGE'に参加しましょう
  • "Interested in responsible gene editing? Join the (new) club" Enserink M. Science Mar. 27, 2018 , 6:10 PM.
  • Association for Responsible Research and Innovation in Genome Editing (ARRIGE)の初会合が、3月23日にパリで開催された。遺伝子編集の議論が研究コミィニティーと一般社会の間で乖離していることを憂いていた欧州の生命倫理や社会的受容性に関心がある識者が主導し、主としてフランスINSERMのサポートを受けた会合であったが、35ヶ国から150人以上が参加した。
  • 一方で、"A global observatory for gene editing"と題するコメントをNatureに発表し、遺伝子編集に関する広い国際的ネットワークの設立を呼びかけた米国のSheila JasanoffとJ. Benjamin Hurlbutは、ARRIGEパリ会合に参加しなかったが、今回「共鳴」を歓迎し今後の協力を期待するとコメントした。
  • 関連crisp_bio記事:2018/03/23: ゲノム編集をめぐる集会・投稿リスト(7件)
2.米国農務省 (USDA)、CRISPR遺伝子編集を規制の対象外と表明
  • "USDA Has No Plans To Regulate CRISPR" AG WEB, Farm J. MARCH 28, 2018 03:48 PM
  • CRISPR遺伝子編集技術を含む新たな技術で開発された品種であっても、外来遺伝子を含まず伝統的な手法の育種と判別がつかない新品種は規制の対象外;ただし、商品化後のモニターは続ける
3.SaCas9の卵細胞特異的発現により効率的なシロイヌナズナ植物遺伝子ターゲッティングを実現
  • "Efficient in planta gene targeting in Arabidopsis using egg-cell specific expression of the Cas9 nuclease of S. aureus" Wolter F,  Klemm J,  Puchta H. Plant J. 2018 Mar 24.
  • SaCas9, SpCas9ニッカーゼ、プロモーター、DSBサイトのオーバーハングなどを比較評価した結果
4.Dmc1プロモーターを利用することでトウモロコシのCRISPR/Cas9ゲノム編集を高効率化
  • "High efficiency genome editing using a dmc1 promoter-controlled CRISPR/Cas9 system in maize"  Feng C, ~ Han F. Plant Biotechnol J. 2018 Mar 23.
  • Cas9とgRNAのプロモーターとしてそれぞれU3とトウモロコシ由来dmc1を利用
5.CRISPR-Cas9システムをRNPでプロトプラストへ送達することでポテトゲノム編集を効率化
  • "Genome editing in potato via CRISPR‐Cas9 ribonucleoprotein delivery" Andersson M et al. Physiol Plant. 2018 Mar 23.
  • RNPでの送達に加えて、in vitro転写RNAよりも合成RNAを利用すべき
6.[特許]光または化合物で活性を誘導可能なCas9の開発と利用に関する特許
  • "ACTIVATABLE CRISPR/CAS9 FOR SPATIAL AND TEMPORAL CONTROL OF GENOME EDITING" US 2018/0073002 A1 PubDate 03/15/2018. Inventors - Deiters A, Hemphill JB, Asokan A. Borchardt E. Assignee - U Pittsburgh, UNC Chapel Hill