出典
理想的診断ツール
  • 感染症対策を含む医療すべてにおいて早期診断が求められている。特に感染症の早期診断ツールには、感染症専門の医療センターでも僻地の保健所でも利用可能、ポイント・オブ・ケアとして利用可能、専門の医師や技術者、補助装置あるいは電源不要、安価、精密かつ迅速、そして、さまざまな種類の検体に対応可能なことが求められる。
Science誌「展望」
  • 米国NIH Critical Care Medicine DepartmentのD S Chertowが、J. A. Doudnaらのグループと、F. Zhangが関わるグループが開発した診断ツールに関する3論文を2018年4月27日に出版されたScience誌で紹介。取り上げられた論文は、2018年2月23日のcrisp_bio記事「CRISPRによる核酸検出・診断 (DETECTRとSHERLOCK)」で取り上げたツールDETECTR (参照論文1)、SHERLOCK v2 (参照論文3)に加えて、SERLCOCK (参照論文2)に新たな検体処理法HUDSON (heating unextracted diagnostic samples to obliterate nucleases)を組み合わせた論文 (参照論文4)
  • 参照論文4は、SHERLOCKに新たな検体処理法HUDSON*を組み合わせて (原論文 Fig. 2 Direct detection of ZIKV and DENV in bodily fluids with HUDSON and SHERLOCK 参照)、さまざまな体液 (尿、唾液、血清、血漿および全血)から短時間で種々のウイルスを同定可能なことを報告:デンクウイルス (DENV)とジカウイルス (ZIKV)の高感度検出および黄熱病ウイルス (YFV)との選別;DENVの極めて近縁な四種類の血清型の判別;ZIKV分離株におけるSNPs検出;蛍光レポーター不要の検出紙を利用した目視判定も可能(*HUDSONは、化学処理と加熱により、体液に含まれる大量のリボヌクレアーゼ (RNases)を不活性化し、ウイルスエンベロープを破壊してウイルス粒子から核酸を溶液中に放出させる手法)
  • DETECTR、SHERLOCK、SHERLOCK v2およびSHERLOCKとHUDSONといった診断ツールは、これまでに確立されている診断ツールとの比較検証や実地試験が必要であるが、理想的な診断ツールに一歩近づいた次世代診断ツールである。
Mammoth Science
紹介ビデオ 2018-04-26 The Mammoth CRISPR Platform - YouTube (2m14s)
  • Cas12とCas13を組み合わせて任意の核酸を検出可能にした簡便・迅速・拡張可能なプラットフォームに基づくベンチャー企業
  • DETECTR論文の共著者であるJanice ChenとLucas HarringtonおよびJennifer Doudnaが共同設立者 (https://mammoth.bio/team/)に入っている。
  • The Mammoth CRISPR Platform (Webサイト https://mammoth.bio/how-it-works/YouTube動画 2m24s 2018年4月26日公開)
[crisp_bio関連記事] 
[参照論文]
  1. [DETECTR (DNA endonuclease targeted CRISPR trans reporter)] "CRISPR-Cas12a target binding unleashes indiscriminate single-stranded DNase activity" Chen JS, Ma E, Harrington LB, Da Costa M, Tian X, Palefsky JM, Doudna JA. Science. 2018 Apr 27;360(6387):436-439. Published online2018 Feb 15.
  2. [SHERLOCK (Specific High Sensitivity Enzymatic Reporter UnLOCKing)] "Nucleic acid detection with CRISPR-Cas13a/C2c2" Gootenberg JS, ~ Collins JJ, Zhang F. Science. 2017 Apr 28;356(6336):438-442. Published online 2017 Apr 13.
  3. [SHERLOCKv2] "Multiplexed and portable nucleic acid detection platform with Cas13, Cas12a, and Csm6" Gootenberg JS, Abudayyeh OO, Kellner MJ, Joung J, Collins JJ, Zhang F. Science. 2018 Apr 27;360(6387):439-444. Published online 2018 Feb 15.
  4. [SHERLOCKとHUDSON] "Field-deployable viral diagnostics using CRISPR-Cas13" Myhrvold C, Freije CA [..] Zhang F, Sabeti PC. Science 2018 Apr 27;360(6387):444-448.