1.CRISPR-Cas9のAAV送達による遺伝子発現調節を介した網膜色素変性症療法
  • "In situ gene therapy via AAV-CRISPR-Cas9 mediated targeted gene regulation" Morenoa AM [..] Zhang K, Mali P. Mol Ther 25 April 2018.
  • モジュール型のAAVベクターを開発して、サイズの大きなCas9を分割して細胞内に送達し、細胞内で活性なCas9を機能させることでエビゲノム編集する手法を確立
  • 培養細胞およびマウスin situでの遺伝子発現調節、80%までの安定した転写抑制と8倍の活性化を実現;網膜色素変性症 (RP)遺伝子治療を想定して桿体視細胞の調節因子Nrlのノックダウンを試みたところ、桿体視細胞をRP特異的変異に耐性がある錐体様細胞へのin situリプログラミングと錐体細胞損失の抑制が実現した。
2.[レビュー]CRISPR技術による網膜のin vivoゲノム編集の現状
  • "In vivo applications of CRISPR-based genome editing in the retina" Yu W, Wu Z. Front Cell Dev Biol 2018 Apr 23
  • ウイルスベクターと非ウイルスベクター送達による恒常的発現と一時的発現;HDRを介した精密編集が可能であるが低効率;これまでの試みは遺伝子のノックアウト/削除が中心;マウスモデルで一部成果;CRISPRによる機能ゲノミクス;オフターゲット編集のさらなる評価必要
3.慢性骨髄性白血病 (CML)の遺伝子治療を目指したPEG-PLGAナノ粒子によるCRISPR/Cas9の全身デリバリー
  • "Systemic Delivery of CRISPR/Cas9 with PEG-PLGA Nanoparticles for Chronic Myeloid Leukemia Targeted Therapy" Liu Y, Zhao G, Xu CF, Luo YL, Lu ZD, Wang J. Biomater Sci 2018 Apr 23.
  • CMLの病因であるフィラデルフィア染色体の融合遺伝子BCR-ABLのオーバーハングを標的とするCRISPR/Cas9 (pCas9/gBCR-ABL)を、PEG-PLGA (poly(ethylene glycol)-b-poly(lactic acid-co-glycolic acid))からなるカチオン性脂質高分子ナノ粒子 (cationic lipid-assisted polymeric nanoparticles: CLANs)によってデリバーし、CML関連BCR-ABL融合遺伝子を選択的破壊を実現;マウスモデルに延命効果;
4.[レビュー]CRISPR/Cas9ゲノム編集がもたらす癌免疫療法革命
  • "CRISPR/Cas9 genome editing: Fueling the revolution in cancer immunotherapy" Liu X, Zhao Y. (U. Pennsylvania Cancer Center) Curr Res Transl Med 2018 Apr 22.
  • CAR-細胞においてTT細胞受容体 (TCR)とβ2ミクログロブリン (B2M)を破壊するか、または、破壊したレセプターαコンスタント (TRAC)遺伝子座にCARを直接ノックインすることで、同種異系のユニバーサルCAR-T細胞を作出;PD-1とCTLA-4の同時破壊による抗腫瘍性亢進;内在TCRのノックアウトによる抗腫瘍性と安全性の向上し、特異性を損ない重篤な副作用をもたらす恐れのある高親和性TCRの利用回避に
5.CRISPR-Cas12aによる核酸検出と診断応用にHOLMES
  • "CRISPR-Cas12a-assisted nucleic acid detection" Li SY [..] Wang J. Cell Discov 24 April 2018. [著者修正] Author Correction: CRISPR-Cas12a-assisted nucleic acid detection. Cell Discov. 2019-03-12. 2019-03-12.
  • 感染症菌などの高感度で高選択性のSHERLOCKにはin vitroでのDNAからRNAへの転写の過程が必要;Cas12aがcrRNAの標的ではないssDNAを切断することを発見*した研究チームが、DNAとRNAの双方を高感度で迅速検出可能なHOLMES (an one-HOur Low-cost Multipurpose highly Efficient System)を開発 (下図 Fig.1-a)参照)、0.1 nMのDNA検出可能でPCRを加えることで10 aMに到達;SNP検出を実証 (下図 Fig.1 -b)参照);DBAウイルスとRNAウイルスの検出とウイルス株の識別も実証
HOLMES
  • (注) 著者らによると本論文投稿準備中 (投稿は2018年3月5日)にCRISPR12aを利用したDETECTRシステムと、SHERLOCKv2システムがScience誌から公開された。
  • CRISPRによる診断ツール関連crisp_bio記事
  1. 2018-04-27 CRISPR技術による次世代診断ツール開発:「展望」とMammoth Biosciencesの登場
  2. (*) CRISPRメモ_2018/03/16 - 3.[Letter to the Editor]CRISPR-Cas12aは、ssDNAをcis-にもtrans-にも切断する
  3. 2018-02-23 CRISPRによる核酸検出・診断(DETECTRとSHERLOCK)