1.ゼブラフィッシュにおけるクロマチンアクセシビリティとCRISPR-Cas9の編集効率との相関
  • "Chromatin accessibility is associated with CRISPR-Cas9 efficiency in the zebrafish (Danio rerio)" Uusi-Mäkelä MIE, Barker HR, Bäuerlein CA, Häkkinen T, Nykter M, Rämet M. PLoS One 23 Apr 2018.
  • ゼブラフィッシュ六種類の遺伝子の変異誘発をin vitroin vivoで比較し、in vitroで高活性のsgRNAsが必ずしもin vivoでは高活性を示さないことを同定;ゼブラフィッシュの発生初期を対象とする公開データセットとCRISPRzデータベースから選択したgRNAsを利用して、ゼブラフィッシュ胚において、変異誘発が遺伝子発現およびクロマチン openessとの相関関係を明らかにした。
2.5S rRNAプロモーターをgRNA発現に利用することで、Aspergillus nigerの高効率なCRISPR/Cas9ゲノム編集を実現
  • "5S rRNA promoter for guide RNA expression enabled highly efficient CRISPR/Cas9 genome editing in Aspergillus niger" Zheng X, Zheng P, Zhang K, Cairns TC, Meyer V, Sun J, Ma Y. ACS Synth Biol. 2018 Apr 24.
  • 真核生物でのCRISPR/Cas9利用にはgRNA発現に最適なプロモーターの選択が課題;5S rRNAプロモーターにより、短い(40-bp)のドナーDNAを利用した効率100%の遺伝子改変とマイコトキシンのフモニシンB1生合必須48-kbの遺伝子クラスター削除を実現.
3.[レビュー]CRISPR遺伝子スクリーンによる宿主-ウイルス相互作用の解明
4.CRISPR-Cas9を介した異種タンパク質発現によりCHO-K1細胞における生合成を亢進
  • "Enhanced Biosynthesis Performance of Heterologous Proteins in CHO-K1 Cells Using CRISPR-Cas9" Wang W, Zheng W, Hu F, He X, Wu D, Zhang W, Liu H, Ma X. ACS Synth Biol 2018 Apr 23.
  • CHO細胞は治療用抗体などの組換えタンパク質の工業生産の発現システムの定番;サバイビン遺伝子とQSOX1遺伝子のノックインを介して小胞体の微小環境の改善と抗アポトーシ性亢進を実現し、タンパク質生産をより効率化;モデルタンパク質GLucの生産量5.55倍に
5.RecET組換え技術を利用することで、細胞工場Corynebacterium glutamicumのCRISPR-Cas9ゲノム編集を効率化
  • "A RecET-assisted CRISPR–Cas9 genome editing in Corynebacterium glutamicum" Wang B, Hu Q, Zhang Y, Shi R, Chai X, Liu Z, Shang X, Zhang Y, Wen T. Microb Cell Fact. 2018 Apr 23;17(1):63.
  • 手間がかかり時間を要する非効率な相同組換えとマーカを利用したカウンターセレクションによるC. glutamicumのゲノム編集は非効率的であり、Cas9とsgRNAをそれぞれプラスミドで送達する手法はプラスミド上のCas9の不安定性により偽陽性を生じやすく、両プラスミドの高い形質転換効率が要求される;染色体由来Cas9-RecET、sgRNAのプラスミド一種類、および修復用テンプレートからなる手法を開発 (下図 Fig. 2- a 参照);10-/20-kbの削除、2.5-/5.7-/7.5-kbの発現カセットノックイン、精密な変異誘導、および代謝経路の改変を実現;C. pekinense 1.563のゲノム編集にも有効
RecET
6.CRISPR/Cas9により苦味と毒性を帯びたステロイドグリコアルカロイド (SGA)を含まないジャガイモ作出
  • "Generation of α-solanine-free hairy roots of potato by CRISPR/Cas9 mediated genome editing of the St16DOX gene" Nakayasu M et al. Plant Physiol Biochem 2018 Apr 24.
  • 内在t-RNAプロセッシングシステムにより多重gRNAsを発現するプラスミドを送達し、SGAの生合成経路におけるステロイド16α-ヒドロキシラーゼをコードするSt16DOX遺伝子ノックアウト、ジャガイモ毛根へのSGA蓄積を完全に防止