1.Cpf1を介した多重ゲノム編集により、院内下痢症の主因病原菌であるディフィシル菌 (C. difficile)の発症機序と生理作用を解明
  • [出典] "Multiplexed CRISPR-Cpf1-Mediated Genome Editing in Clostridium difficile toward the Understanding of Pathogenesis of C. difficile Infection" Hong W,Zhang J, Cui G, Wang L, Wang Y. ACS Synth Biol 2018 June 4.
  • Cpf1-crRNAをRNPとして送達することで、C. difficileにおいて、鉄取り込み、抗生物質耐性および毒素生産にかかわる遺伝子 (fur, tetMおよびermB1/2)の精密かつ高効率な削除、49.2-kbといった大規模遺伝子座の削除、および、cwp66tcdAの2遺伝子の高効率な同時削除を実現。
2.CRISPR/dCas9を介して放線菌 (Streptomyces)における遺伝子発現を多重抑制
  • [出典] "CRISPR/dCas9‐mediated multiplex gene repression in Streptomyces" Zhao Y [..] Wang Z, Lu Y. Biotechnol J. 2018 June 3.
  • 生理活性物質の宝庫である放線菌のゲノム編集がCRISPR/Cas9またはCRISPR/dCas9により容易になったが、dCas9に基づいたCRISPRiはこれまで単一遺伝子に限られていた;今回、CRISPRiを最適化することでStreptomyces coelicolorにおいて、4種類までの複数遺伝子のmRNAレベル同時低減 (2-32%)を実現し、また、S. coelicolorの成長に関与する応答制御因子を同定。
3.In vitroで構築したCas9-RNPシステムと修復用マイクロホモロジー・テンプレートによるAspergillus fumigatusの遺伝子ターゲッティング
  • [出典] "Whole-genome sequencing reveals highly specific gene targeting by in vitro assembled Cas9-ribonucleoprotein complexes in Aspergillus fumigatus" Al Abdallah Q [..] Fortwendel JR. Fungal Biol Biotechnol 2018 June 5.
4.[レビュー] サイレントなバクテリア生合成遺伝子クラスターを活性化する技術の進歩
  • [出典] "Recent advances in activating silent biosynthetic gene clusters in bacteria" Mao D, Okada BK, Wu Y, Xu F, Seyedsayamdost MR. Curr Opin Microbiol. 2018 Jun 5;45:156-163.
  • CRISPR-Cas9による内在プロモーターの置換、ハイルスープット誘導因子スクリーニング (HiTES)および、ゲノムワイド変異誘発技術にレポーターシステムによる変異体の選別を組み合わせたReporter-guided mutant selection (RGMS)をレビュー
5.CRISPR/Cas9による真鯛 (Pagrus major)育種
  • [出典] "Production of a breed of red sea bream Pagrus major with an increase of skeletal muscle mass and reduced body length by genome editing with CRISPR/Cas9" Kishimoto K [..] Kinoshita M. Aquaculture 2018 June 2.
  • CRISPR/Cas9を介してミオスタチンmstnを完全にノックアウトすることで、骨格筋量16%増、体長短縮および椎体 (centrum)小型化の特徴を帯びた品種を2年で確立。CRISPR/Cas9は養殖魚の育種にも有用。
6.植物ゲノム編集技術を巡る法規制を考察 - CRISPR/Cas9技術を例として
  • [出典] "Legal Regulation of Plant Genome Editing with the CRISPR/Cas9 Technology as an Example" Medvedieva MO, Blume YB. Cytol Genet 2018 June 4.
  • 関連する米国、EUおよび国際条約を分析し、GMO規制および一般的なリスク管理と規制、および、ゲノム編集技術の特許に関する課題を議論;CRISPR-Cas9技術を巡る特許係争と、ゲノム編集で作出された植物の特許についても言及