1.[生命倫理・科学政策・科学技術]地球規模のゲノム編集'測候所' (Global Genome Editing Observatory: GGEO) の概念と制度設計
  • [出典] "Building Capacity for a Global Genome Editing Observatory: Conceptual Challenges" Hurlbu JB et al. Trends Biotechnol. 2018 Jun 2. ;"Building Capacity for a Global Genome Editing Observatory: Institutional Design" Saha K et al. Trends Biotechnol. 2018 Jun 8.
  • GGEOの概念は、2015年に"CRISPR Democracy: Gene Editing and the Need for Inclusive Deliberation" をIssues in Science and Technology誌に発表していたSheila JasanoffJ. Benjamin Hurlbutによって、2018年3月にNature誌上で提唱された (Jasanoff S, Hurlbut JB. "A global observatory for gene editing" Nature 2018 March 21)。
  • ゲノム編集をはじめとするヒト遺伝に介入可能な技術が、生命倫理に奥深い問いを投げかけている。単に、幅広い社会的コンセンサス醸成をよびかけるだけでは不十分である。専門家のアドバイスに基づき政策決定に資するよう、全世界的な対話を提案し、支え、深める行動を起こすべきであり、そのための制度設計を進める。
  • GGEOは、政策提言を目指すのではなく、人々の多様な見方を「見える化」することで、取り組むべき課題を広げていくことを優先する。特に、科学先進国や専門家コミュニティーでは見逃されていたあるいは捨てられていた見方を取り込んでいくことが重要である。
 関連crisp_bio記事
  • CRISPRメモ_2018/06/09 - 3. [News]ゲノム編集の規制と倫理を巡る議論の進め方を考える
  • CRISPRメモ_2018/03/30- 1. 責任ある遺伝子編集に関心がありますか?それならクラブ'ARRIGE'に参加しましょう
2. [PEARL*]CRISPR-Casによる抗菌:課題と展望
  • [出典] *PLoS PathogenのPERAL記事分類: Pearls provide concise, practical and educational insights into topics that span the pathogens field.;"CRISPR-Cas antimicrobials: Challenges and future prospects" Pursey E, Sünderhauf , Gaze W, Westra E, van Houte S. PLoS Pathogen 2018 June 14.
  • 病原菌の抗生物質耐性 (antimicrobial resistance: AMR)の問題を、AMR遺伝子を標的とするCRISPR-Cas9ゲノム編集で解決可能なことを示した研究成果をまとめ、その実用化にむけての課題 (下図 Fig. 1参照)を考察antimirobial
3.タイプⅢ CRISPR/Casシステムと相関する逆転写酵素の進化系統解析
  • [出典] "On the origin and evolutionary relationships of the reverse transcriptases associated with type III CRISPR-Cas systems" Toro N, Martinez-Abarca F, González-Delgado A, Mestre MR. Front Microbiol 2018 May 30.
  • 逆転写酵素 (RT)配列のデータ558件を集積し、最尤法で進化系統樹を推定し、Casタンパク質と相関するRTsのクレード13種類を同定し(下図左 FIGURE 1)、続いて、グループⅡイントロンにコードされているRTsの関与を分析した (下図右 FIGURE 2)。
RT TYPE III - 1 RT TYPE III -2
 関連crisp_bio記事
  • CRISPRメモ_2017/09/24 - 1. [レビュー] 可動遺伝要素(MGEs)に由来するCRISPR-Casシステムの進化
4.高効率・高精度なHDRノックイン:Cas9の標的部位切断と同時にドナーDNAカセット両端切断
  • [出典] "CRISPR/Cas9-mediated efficient and precise targeted integration of donor DNA harboring double cleavage sites in Xenopus tropicalis" Mao CZ et al. FASEB J. 2018 Jun 13.
  • EGFPレポーター遺伝子をゼノパス・トロピカリスのmyh6遺伝子座とヒト細胞のGAPDH遺伝子座にノックイン
  • カセットのテーミネーターを標的遺伝子の内在3’UTRと置換することで、ノックインしたレポーター遺伝子の発現亢進
 ドナーDNA切断 関連論文
  • "Efficient precise knockin with a double cut HDR donor after CRISPR/Cas9-mediated double-stranded DNA cleavage" Zhang JP, Li XL [..] Zhang XB. Genome Biol. 2017 Feb 20;18(1):35.
5.Cas9に準拠したツールによる倍数性シアノバクテリアSynechocystis sp.  PCC 6803 (S6803) のゲノム編集とプラスミド削除
  • [出典] "Developing a Cas9-based tool to engineer native plasmids in Synechocystis sp. PCC 6803" Xiao Y et al. Biotechnol Bioeng. 2018 Jun 13.
  • Cas9を帯びたS6803に1ステップで導入可能かつ30日間安定な内在プラスミドpCC5.2をベースにしたシャトルベクターも開発