カテゴリ: 月間ランキング

#

投稿日

題     名

1

2020-03-17

[2020-03-30更新] 新型コロナウイルスの感染は、ヒト細胞のACE2TMPRSS2に依存し、慢性膵炎治療薬で阻害される

2

2020-03-02

新型コロナウイルス:台湾・米国・日本で分離されたウイルスの配列解析から見えてきたこと

3

2020-03-02

[2020-03-01改訂] 新型コロナウイルスのスパイク糖タンパク質 (S)のクライオ電顕構造

4

2020-03-02

[2020-03-07改訂] 新型コロナウイルスのメインプロテアーゼに対してIC50 0.48μMの阻害活性を示す低分子を治験薬から発見

5

2020-03-11

[2020-03-11改訂] 新型コロナウイルスのスパイク糖タンパク質 (S)の構造、機能および抗原性

6

2020-03-27

[2020-03-27更新] 新型コロナウイルス・ゲノムにみられる際立った特徴とセンザンコウ由来CoVのデータから、人為説を否定

7

2020-03-26

[2020-03-26改訂] 新型コロナウイルス:血清療法で凌ぎつつ、抗体とワクチンを待つ

8

2020-03-31

[2020-03-31更新] 新型コロナウイルスのPDB公開構造一覧 [ID: タイトル; 公開日]

9

2020-03-14

新型コロナウイルス:SARS-CoV-2の感染を阻害し中和するヒト・モノクローナル抗体を作出

10

2020-03-11

[2020-03-11改訂] 新型コロナウイルスのスパイク糖タンパク質 (S)とヒト細胞受容体ACE2との複合体クライオ電顕構造

11

2020-03-31

[2020-03-31更新] 新型コロナウイルスのスパイク (S)は、ヒト細胞への侵入に、CD147も利用する

12

2020-03-26

[2020-03-31更新] 新型コロナウイルス: 検出, 予防および治療法への取り組み状況

13

2020-03-11

[2020-03-17改訂] 新型コロナウイルスに対するmRNAワクチン第1相試験開始 (米国)

14

2018-08-24

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

15

2017-04-19

[レビュー] 自然免疫記憶(innate immune memorytrained immunity

16

2020-02-19

新型コロナウイルス検出プロトコル公開:SHERLOCK

17

2020-03-05

[2020-03-05改訂] 新型コロナウイルス検出プロトコル改訂: DETECTR

18

2020-03-28

[解説] ゲノムから見た新型コロナウイルスの起源と出現

19

2020-03-12

新型コロナウイルス:DETECTRは来た、SHERLOCKはどうしてる?

20

2020-03-23

新型コロナウイルス:スパイクのサブユニットS2の構造と、細胞融合・感染を阻害する脂質化ペプチドの合成

21

2020-03-18

新型コロナウイルスの抗ウイルス薬の標的有力候補RdRp (RNA依存性RNAポリメラーゼ)の構造を深堀り

22

2020-03-10

[2020-03-18更新] 新型コロナウイルスの創薬標的候補であるヌクレオカプシドのウイルスゲノムRNA結合ドメインの結晶構造解析

23

2020-02-15

CRISPRによる核酸検出・診断(DETECTRSHERLOCK

24

2020-03-26

新型コロナウイルス: リガンド結合メインプロテアーゼ構造75 - PanDDA analysis group deposition

25

2019-10-22

David R. Liuグループからプライムなゲノム編集法 - BEsに続くPEs

26

2020-03-11

新型コロナウイルス, SARS-CoVのスパイクのサブユニットS2に対するモノクローナル抗体に反応

27

2020-03-20

新型コロナウイルス:ELISAによるSARS-CoV-2に対する抗体検出を実現

28

2018-03-29

細胞サーマル・シフト・アッセイでダイナミックなタンパク質間相互作用を捉える

29

2020-03-03

[2020-03-03改訂] 新型コロナウイルス感染症はCOVID-19、ウイルスはSARS-CoV-2 (ウイルス名には異議もあり)

30

2020-03-27

ヒトゲノムのほぼ全域をCas9で標的可能になった - PAMの呪縛を解いたSpGSpRY

#

投稿日

題     名

1

2020-02-29

[2020-02-29改訂] 新型コロナウイルスのスパイク糖タンパク質 (S)のクライオ電顕構造

2

2020-02-19

SHERLOCK、新型コロナウイルス検出プロトコルを公開

3

2020-02-15

CRISPRによる核酸検出・診断(DETECTRSHERLOCK

4

2018-08-24

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

5

2020-02-19

DETECTR、新型コロナウイルス検出プロトコルversion 2公開

6

2020-02-22

[2020-02-29改訂] 新型コロナウイルスのスパイク糖タンパク質 (S)の構造、機能および抗原性

7

2019-10-22

David R. Liuグループからプライムなゲノム編集法 - BEsに続くPEs

8

2020-02-21

新型コロナウイルスのスパイク糖タンパク質 (S)とヒト細胞受容体ACE2との複合体クライオ電顕構造

9

2020-02-26

米国、新型コロナウイルスに対するmRNAワクチン第1相試験へ

10

2019-11-15

KRAS (G12C)を標的とするアムジェン社のAMG 510、第2相試験へと進む

11

2018-03-29

細胞サーマル・シフト・アッセイでダイナミックなタンパク質間相互作用を捉える

12

2020-02-20

コロナウイルス・プロテアーゼとは - RCSB PDB/PDBjの「今月の分子」から転載

13

2020-02-23

新型コロナウイルスのCas13dによるin vivo治療の可能性

14

2020-02-29

新型コロナウイルス:台湾・米国・日本で分離されたウイルスの配列解析から見えてきたこと

15

2020-02-07

CRISPRメモ_2020/02/07 (Broad特許欧州で取り消し、CRISPRシステムのキルスイッチなど5)

16

2018-06-22

CRISPR-Cas9によるLactobacillus plantarumの効率的遺伝子編集

17

2020-02-23

新型コロナウイルス感染症はCOVID-19、ウイルスはSARS-CoV-2 (ウイルス名には異議もあり)

18

2017-05-03

コロナウイルス (HCoV-NL63)のスパイクタンパク質のクライオ電顕解析

19

2020-02-06

CRISPRゲノム編集は脇によってください、RNA編集が通ります

20

2020-02-25

AIにより有望な抗生物質を発見し「2001/2010年宇宙の旅」の"HAL 9000"に因んで、halicinと命名

21

2020-02-24

CRISPRメモ_2020/02/24 (9)

22

2020-02-04

crisp_bioコレクション: CRISPR技術を支援する機械学習 [2020-02-04作成: 14]

23

2018-04-03

AP-MSBioIDの統合解析によるタンパク質間相互作用と細胞内局在解析を促進するMACタグを開発

24

2020-02-11

増幅不要なロングリードシーケンシングから、見えていなかったCas9のオフターゲット編集部位が見えてくる

25

2020-02-23

CRISPRメモ_2020/02/23 (3)

26

2020-02-04

[レビュー] CRISPR遺伝子編集分野に向けた機械学習案内

27

2020-02-15

Cas13a-crRNAに基づく超高感度核酸検出システムSHERLOCK, 標的ssRNAウイルス分解機能を付加

28

2020-02-13

CRISPR-Cas9 RNPによるゲノムの大規模な欠失と挿入が新手法でも確認された

29

2020-02-12

LiuグループによるCBE (C:G-to-T:A)の高精度化

30

2020-02-05

BE3の高精度化 (2) - 標的可能領域拡大と位置特異性付加



#1

#2

#3

投稿日

タイトル

投稿日

タイトル

投稿日

タイトル

1月

20180514

抗体-薬物複合体(ADC):内在化不要な第2世代へ

20170825

膜侵襲複合体(MAC)の補体成分C9の構造

20190110

[データベース]SubCellBarCode: 12,000を超えるタンパク質の細胞内局在データ

2月

20190205

CasXは、Cas9Cas12に並ぶCRISPRゲノム編集プラットフォームを提供する

20190215

大は小を凌ぐバーチャル・ドラッグ・スクリーン

20170430

Rubiconタンパク質がオートファジーを抑制、肝臓への脂質蓄積と肝障害を亢進する


3月

20190205

CasXは、Cas9Cas12に並ぶCRISPRゲノム編集プラットフォームを提供する

20180514

抗体-薬物複合体(ADC):内在化不要な第2世代へ

20190310

HDRを介した遺伝子修復には、Cas9のDSBよりもCas9nのSSBがお薦め

4月

20190419

塩基編集ツールCBE (rAPOBEC1)とABEは、DNAを編集する間に、RNAも編集する

20190401

PROTACs:アンドラッガブルなタンパク質には阻害よりも分解

20190408

近赤外光を使ってCRISPR/Cas9ゲノム編集をリモートコントロールする

5月

20190516

大腸菌全ゲノムを合成DNAで書き換え、遺伝暗号を61種類へと圧縮

20190419

塩基編集ツールCBE (rAPOBEC1)とABEは、DNAを編集する間に、RNAも編集する

20180824

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

6月

20190608

CAST: CRISPR-Casシステムとトランスポザーゼの協働により、標的ゲノムを切断することなく、外来DNAの挿入を実現

20190613

短縮型I-F CRISPR-Casを帯びたトランスポゾンにより、DSBを介さず大腸菌ゲノム標的サイトにDNAをノックイン

20180824

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

7月

20190608

CAST: CRISPR-Casシステムとトランスポザーゼの協働により、標的ゲノムを切断することなく、外来DNAの挿入を実現

20190704

LASER ARTに続いてCRISPR療法を施すことで、HIV感染ヒト化マウスの一部にてリバウンドを阻止

20180329

細胞サーマル・シフト・アッセイでダイナミックなタンパク質間相互作用を捉える

8月

20180417

成人脳の海馬において、神経細胞は新生するのかしないのか

20190630

パーキンソン病の病因とされる病原性α-シヌクレインの腸から脳への伝播をマウスで実証

20180329

細胞サーマル・シフト・アッセイでダイナミックなタンパク質間相互作用を捉える

9月

20190901

CRISPR/Cas9技術とλ-redリコンビナーゼ技術を介して大腸菌染色体の大規模・柔軟・精密な改変を実現

20180824

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

20180417

成人脳の海馬において、神経細胞は新生するのかしないのか

10月

20191022

David R. Liuグループからプライムなゲノム編集法 - BEsに続くPEs

20180824

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

20191014

BioIDを用いてHEK293細胞内タンパク質4,145種類の局在と35,902種類のPPIを同定

11月

20191022

David R. Liuグループからプライムなゲノム編集法 - BEsに続くPEs.

20180824

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

20180329

細胞サーマル・シフト・アッセイでダイナミックなタンパク質間相互作用を捉える

12月

20191022

David R. Liuグループからプライムなゲノム編集法 - BEsに続くPEs.

20180329

細胞サーマル・シフト・アッセイでダイナミックなタンパク質間相互作用を捉える

20180824

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

[注] 10月22日に投稿したPEの記事が10月に始まり~12月まで3ヶ月連続で1位

#

投稿日

題     名

1

2019-10-22

David R. Liuグループからプライムなゲノム編集法 - BEsに続くPEs.

2

2018-03-29

細胞サーマル・シフト・アッセイでダイナミックなタンパク質間相互作用を捉える

3

2018-08-24

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

4

2019-12-07

CRISPR-Cas3を介したエクソン・スキッピングによるDMD遺伝子変異修復

5

2019-12-15

George Churchの婚活アプリDigid8 - 潜性遺伝子疾患の継承を回避する

6

2019-11-15

KRAS (G12C)を標的とするアムジェン社のAMG 510、第2相試験へと進む

7

2019-11-30

ワイツマン科学研究所、炭素循環に貢献する可能性を秘めたオートトロフ型大腸菌を開発

8

2019-06-29

胎生致死遺伝子変異を帯びたF0/F1マウスを、2細胞期胚へのCas9sgRNAの同時マイクロインジェクションにより実現

9

2019-04-10

Cas9はスイスアーミーナイフ、Cascade-Cas3は自走するシュレッダー

10

2019-08-27

T4カプシドをAAVが導くハイブリッドウイルスベクターを開発し、DNAとタンパク質の大量・多重デリバリーを実現

11

2019-12-16

いつの日か自己複製デバイスが実現するか、‘DNA-of-things’DoTストレージで

12

2017-12-24

CRISPRメモ_2017/12/24(コンビナトリアル・スクリーン法、sgRNA設計、ナノキャリア開発など15件)

13

2019-04-01

PROTACs:アンドラッガブルなタンパク質には阻害よりも分解

14

2018-07-19

CRISPRメモ_2018/07/19 (7)

15

2019-12-12

CRISPRメモ_2019/12/12 (11)

16

2018-04-03

AP-MSBioIDの統合解析によるタンパク質間相互作用と細胞内局在解析を促進するMACタグを開発

17

2019-12-08

AAVカプシドの全コドン変異体ライブラリーのフェノタイピングによって遺伝子導入ベクターの設計基盤を構築

18

2018-06-29

研究資源の拡充と共有:微生物標準株全てのゲノムシーケンシング集積を目指す"GCM2.0"

19

2019-12-05

CRISPR-Switch: CRISPRシステムを明確にオンオフし、遺伝子座2ヶ所を順次連続編集可能とするツール

20

2019-03-30

CRISPR-CPU: CRISPRiをコアとする遺伝子発現スイッチと論理素子を開発

21

2019-12-21

Regnase-1を欠損したCD8陽性T細胞集団は疲弊することなく戦い続ける

22

2019-12-08

カルボキシル化高分岐型ポリ(β-アミノエステル)Cas9を含むタンパク質の細胞質への担体として有用である

23

2019-12-11

CRISPRメモ_2019/12/11 (10)

24

2019-12-10

個別化sgRNAsとアレル特異的sgRNAsの設計 (2報)

25

2019-09-17

深層学習モデルにより、DDR1キナーゼ選択的阻害剤を3万の化合物から2ヶ月で同定

26

2019-12-12

ハイスループットスクリーニング (HTS)の規模・粒度・コストの限界を打ち破った'sci-Plex'

27

2019-12-26

多重遺伝子の活性化・抑制・欠損を併用するCRISPR-AIDにより複雑な表現型の制御を実現するマジック

28

2019-12-02

CRISPRメモ_2019/12/02 - 2 (8)

29

2019-12-17

ミトコンドリアDNA (mtDNA)は細胞を守る'歩哨'であり、抗癌剤から癌細胞を守ることにも。

30

2019-11-29

サノフィ (Sanofi)HIV/AIDSに続いて骨髄腫細胞を標的とする三重特異性抗体を発表

[注] 11月の記事がトップ30件のうち19件を占めた中で、PE関連記事 (#1/#4)が特に注目を集めた。

#

投稿日

題     名

1

2019-10-22

David R. Liuグループからプライムなゲノム編集法 - BEsに続くPEs.

2

2018-08-24

新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析

3

2018-03-29

細胞サーマル・シフト・アッセイでダイナミックなタンパク質間相互作用を捉える

4

2019-11-12

David R. LiuBase Editing (BE)PE (Prime Editing)の比較を問われて答えた

5

2019-10-14

BioIDを用いてHEK293細胞内タンパク質4,145種類の局在と35,902種類のPPIを同定

6

2019-10-16

PROTACにアタックするAUTAC - 細胞内デブリ分解にオートファジーを利用する

7

2018-04-03

AP-MSBioIDの統合解析によるタンパク質間相互作用と細胞内局在解析を促進するMACタグを開発

8

2019-11-08

CRISPRメモ_2019/11/08 (10)

9

2019-11-13

転写活性化因子を伴わないdCas9を介して、低分子による標的遺伝子の発現レベル調節を実現

10

2019-11-15

KRAS (G12C)を標的とするアムジェン社のAMG 510、第2相試験へと進む

11

2019-11-29

サノフィ (Sanofi)HIV/AIDSに続いて骨髄腫細胞を標的とする三重特異性抗体を発表

12

2019-11-11

CRISPRメモ_2019/11/11-1 (6)

13

2019-11-23

BE4によるヒト初代T細胞の多重遺伝子編集を実現し、アロジェニックCAR-T療法へと向かう

14

2019-11-06

プロテオーム・ワイドのヒトタンパク質の共調節データからタンパク質の想定外の機能を発見

15

2019-10-31

MMEJ配列随伴ヒト遺伝子欠損変異を同定し、CRISPR-Cas9編集MMEJ修復を介して疾患モデル細胞を作出

16

2019-11-07

CRISPR/Cas9を利用するCAR-T療法の治験を、慎重に進めるペンシルベニア大学

17

2019-11-14

CRISPRメモ_2019/11/14 - 2 (6)

18

2019-11-17

PAM~14 bp下流のサイトが標的DNAに対するCas9の結合・切断・遊離に決定的な影響を与える

19

2019-11-14

CRISPRメモ_2019/11/14 - 1 (6)

20

2019-04-01

PROTACs:アンドラッガブルなタンパク質には阻害よりも分解

21

2019-09-24

アプタマー・スープに、米国・オランダ産Pepper [1]に続いて、中国産Pepper加わる

22

2019-11-03

イネ白葉枯病抵抗性イネ系統をCRISPR技術で作出し、防除キットも開発

23

2019-11-09

E. V. Kooninが「CRISPR生物学を巡る未解決問題」を提示してから1年余りが経過した

24

2019-08-30

HITI法からSATI法へ進化 - 早老症モデルマウスの点変異修復

25

2019-10-21

Netflix、4話からなるCRISPRドキュメンタリー“Unnatural Selection”の配信開始

26

2019-11-01

CRISP_BIO201910月によく読まれた記事

27

2019-11-01

CRISPRメモ_2019/11/01 (10)

28

2019-11-10

肺小細胞癌 (SCLC)に特有な治療標的分子をCRISPR/Cas9 KOスクリーンにて同定

29

2019-11-19

寄生原虫リーシュマニアのヒストンH3が、ヒトのクロマチンに取り込まれる

30

2019-11-16

タウのインタラクトーム解析に適したヒトモデル細胞を樹立し、タウの新奇インタラクターを同定

↑このページのトップヘ