タグ:免疫・療法

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/05/27)Corresponding authors: Johanna Olweus (Oslo University Hospital Radiumhospitalet); Ton N. Schumacher (Netherlands Cancer Institute (NCI)、“cancer immunogram”論文のシニアオーサー)[背景] 臨床的に有効 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/05/25)Corresponding author: 小川誠司(京都大学)京都大学、東京大学ならびに北海道大学の研究チームは、PD-L1 遺伝子の3’-UTRの欠損が、がん細胞の免疫回避の一端を担う分子機構を明らかにし、PD-L1/PD-1阻害薬の効果 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 20160514)種々のがん免疫療法に対する応答は患者によって著しく異なる。今回、Christian U. BlankらNetherlands Cancer InstituteとUCLAの研究者が、PD-L1の発現や変異負荷といった特定の指標に変えて7種類のパラメータを総合し ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 20160413)pp. 123 論説「オンコロジーを巡る環境の変容〜1960年代〜“war on cancer ”〜cancer “moonshot ” 」 Harold Varmuspp. 162-163 「序」 Paula A. Kiberstis:腫瘍間と患者間に少なからぬ多様性が存在することが ... もっと読む

2016年10月19日[PDIS]アラート:ペンブロリズマブとPD-1の複合体の高分解能構造Corresponding authors: 野村紀通(京都大学);岩田 想(京都大学/SPring-8)ペンブロリズマブ(KEYTRUDA®)は、免疫チェックポイントタンパク質PD-1を標的とするヒト化抗体であり、FDAは2015 ... もっと読む

↑このページのトップヘ