タグ:癌

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/05/25)Corresponding author: 小川誠司(京都大学)京都大学、東京大学ならびに北海道大学の研究チームは、PD-L1 遺伝子の3’-UTRの欠損が、がん細胞の免疫回避の一端を担う分子機構を明らかにし、PD-L1/PD-1阻害薬の効果 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 20160518)Corresponding author: Paolo Sassone-Corsi (University of California, Irvine (UCI))概日時計は精密な分子機構を介して生物の代謝と生理を調節しているが、光や栄養といった外的要因のリズム(ツァイトゲーバー)に ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 20160518)Corresponding authors: Fabrizio Marcucci; Ruggero De Maria (Regina Elena National Cancer Institute/University of Milan)上皮間葉転換(EMT)は胚発生過程で起こり、腫瘍の進行過程で起こる。腫瘍細胞は、EMTに ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 20160514)種々のがん免疫療法に対する応答は患者によって著しく異なる。今回、Christian U. BlankらNetherlands Cancer InstituteとUCLAの研究者が、PD-L1の発現や変異負荷といった特定の指標に変えて7種類のパラメータを総合し ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 20160511)Genomon2は、エキソーム解析、全ゲノムシーケンシング解析、トランスクリプトーム解析に対応し、がんゲノムの様々な変異や融合遺伝子の検出が可能。Genomon2は、ローカルにインストールあるいは医科研のスーパーコンピュ ... もっと読む

↑このページのトップヘ