(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 20160410)パーキンソン病の顕著な特徴であるレビー小体・神経突起は主としてα-シヌクレイン(以下、α-syn)線維で形成されている。これまで、固体NMR法(solid-state NMR, SSNMR)によってα-synの2次構造解析が行われてきたが ... もっと読む