タグ:蛋白質工学

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/10/08)Corresponding author: David Baker (University of Washington, Seattle)[背景]共有結合架橋によってコンフォメーションが制限されている薬理学的に活性な天然ペプチドは一般に、進化の過程で、標的のポケットに精 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/10/02)[論文] アルギニンによるmTORC1活性化の構造基盤Corresponding authors: Thomas U. Schwartz (MIT); David M. Sabatini (Whitehead Inst.)mTOR(*)を中心とする複合体mTORC1は、細胞内外の環境情報を認識・統合 ... もっと読む

[EDITORIAL] はじめにSenior editors: Joshua Finkelstein, Alex Eccleston & Sadaf Shadanペプチドという用語が作り出されて以来100年以上にわたりタンパク質の折りたたみ機構と広汎な機能への理解が進んできた。今回、現代のタンパク質科学において最もエキサイティングな ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/07/24)Corresponding authors: Neil P. King; David Baker (U. Washington, Seattle)自然は自己集合 (self-assembling)および共集合 (co-assembling)するタンパク質から多くの分子機械を構築している。正二十面体*)の (ic ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 20160508)Corresponding author: Sarel J. Fleishman (Weizmann Institute of Science)Science 誌2016年5月6日号掲載の関連論文2報を紹介しながらタンパク質のコンピュータ設計の方向性を考察 [情報拠点注] 本ニュースウオッ ... もっと読む

↑このページのトップヘ