crisp_bio

RIKEN (NISLO, WDCM ...) - NIG (DDBJ/CIB, WDCM, OECD BRC, GBIF, JST BIRD, TPRP ...) - FREE

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/05/25)CRISPR関連文献メモ_2016/05/25James J. Collins; George Church (YouTube(45:50) “Genome Engineering 3.0”)初めに、HEK293T細胞における複数遺伝子を標的としていわゆる第2世代の内在遺伝子発現活性化法8種類を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/05/25) 真核生物における転写は、転写開始前複合体(pre-initiation complex, PIC)とRNAポリメラーゼ(RNAP)Ⅱ(以下、Pol Ⅱ)の協働によって進行する。今回、Eva Nogales (LBNL)らの米国チームがヒトにおける転 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/05/25)Corresponding author: Joseph K. Pickrel (New York Genome Center/Columbia University)42種類の形質(*)を対象とする大規模GWASデータ(**)を統計処理し、複数種類の表現型と相関する遺伝変異が起きている341遺伝 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/05/24)[論文] アデノウイルス由来タンパク質を“helper”とすることで、ヒト初代T細胞の効率良いゲノム編集を実現: Andrew M. Scharenberg (Seattle Children’s Research Institute)初代T細胞の遺伝子破壊およびまたは遺 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/05/24)Corresponding authors: Lakmal Jayasinghe (Oxford Nanopore Technologies Ltd.); Gregor Anderluh (National Institute of Chemistry, Slovenia)無脊椎動物シマミミズ(Eisenia fetida )由来のライセニン(lys ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ