1. ヒト胚ゲノム遺伝子編集において、父系アレル変異は、母系相同配列をドナーとするHDR過程で修復されるのか?
 2017年8月2日にNatureオンライン版で公開されたヒト胚ゲノム編集論文 (以下、Ma論文1)は、当初から論議2を呼んだが、2018年8月8日にNature Brief Communications Arisingにて、批判2件3, 4とそれらに対するMa論文著者からの反論5が公開された:
  1. CRISPRメモ_2017/08/031. ヒト胚ゲノム編集:米・韓・中の共同研究チーム、心疾患病因変異の高効率・高精度修復を実現;"Correction of a pathogenic gene mutation in human embryos" Ma H, Marti-Gutierrez N [..] Mitalipov S. Nature. 2017 Aug 2.
  2. 2017-09-02 CRISPR/Cas9ヒト胚ゲノム編集による心疾患病因変異修復に疑義
  3. "Inter-homologue repair in fertilized human eggs?" Egli D et al. Nature. 2018 Aug 8.
  4. "Large deletions induced by Cas9 cleavage" F. Adikusuma et al. Nature. Aug 8.
  5. "Ma et al. reply" Ma H, Marti-Gutierrez N [..] Mitalipov S. Nature. 2018 Aug 8.
2. CRISPR特許:カリフォルニア大学として初の特許成立
3. 乳癌細胞株において、TRPS1がYAP-TEAD依存性転写を調節する
  • [出典]"TRPS1 shapes YAP/TEAD-dependent transcription in breast cancer cells" Elster D, Tollot M, Schlegelmilch K, Ori A, Rosenwald A, Sahai E, von Eyss B. Nat Commun. 2018 Aug 6.
  • Yes関連タンパク質 (YAP)は、Hippoパスウエイに位置し、器官のサイズ、分化および腫瘍形成に関与するが、独・英の共同研究チームは今回、ゲノムワイドCRISPRスクリーンにより、Hippoと独立なYAP調節因子を探索し、毛髪鼻指節骨症候群タンパク質(Trichorhinophalangeal Syndrome 1, TRPS1)を、YAP依存性トランス活性化を抑制する転写抑制タンパク質として同定した。
  • TRPS1の欠損は、H3K27のアセチル化とプロモーター・エンハンサーの相互作用の改変を介して、エンハンサーの活性化をもたらした。
  • TRPS1は、乳癌共通に増幅されていることから、YAPの抑制が腫瘍成長に有利に働くことが示唆される。
4. miRNAの標的が、miRNAの分解を介して、miRNAのレベルと活性を制御する
  • [出典]"Endogenous transcripts control miRNA levels and activity in mammalian cells by target-directed miRNA degradation" Ghini F, Rubolino C, Climent M, Simeone I, Marzi MJ, Nicassio F. Nat Commun. 2018 Aug 7.
  • miRNAは、通常3'UTRに位置するmiRNA応答エレメント(MREs)に結合し、転写後の遺伝子発現調節に関わる。miRNAとmiRNA標的の間の相互作用は双方向とされ、その機構には同一miRNAに対する複数標的の間の競合(competing endogenous target, ceRNA)と、標的によるmiRNAの分解(target-directed miRNA degradation, TDMD)の2種類の仮説が立てられている。
  • Istituto Italiano di Tecnologiaの研究チームは今回、TDMD機構に関与し得る数百の標的を同定し、マウス線維芽細胞において、内在RNAの一つであるSerpine1が2種類のmiRNAs (miR-30b-5pとmiR-30c-5p)の分解を調節することを見出した。
  • CRISPR-Cas9によるSerpinel1 3'UTRからmiR-30 MREを欠失させてTDMDに干渉すると、miR-30b/cのレベルが上昇し、それらの他の標的に対する活性が強まり(下図参照)、miR-30
    遺伝子発現と細胞表現型(細胞周期再活性化と細胞死)に影響を与えた.
5. 刺胞動物ヒドロ虫綱モデル動物Clytia hemisphaericaにおいて、CRISPR/Cas9 RNPを大量に投与することで、マイクロホモロジー媒介末端結合(MMEJ)を介して、モザイク発生を抑制しつつ高効率な遺伝子ノックアウトを実現
  • [出典]"High doses of CRISPR/Cas9 ribonucleoprotein efficiently induce gene knockout with low mosaicism in the hydrozoan Clytia hemisphaerica through microhomology-mediated deletion" Momose T, De Cian A, Shiba K, Inaba K, Giovannangeli C, Concordet JP. Sci Rep. 2018 Aug 6.
  • 下図左C. hemisphaericaのライフサイクルとCas9 RNP注入 (原論文 Figure 1から引用);下図右MMEJ過程を介してモザイクが抑制される模式図(原論文 Figure 7から引用)
Clytia hemisphaerica.1 Clytia hemisphaerica.2
 MMEJ関連crisp_bio記事