1. CRISPR/Cpf1によりS. cerevisiaeゲノムから大規模なDNA断片切除を実現
[出典] "CRISPR/Cpf1 facilitated large fragment deletion in Saccharomyces cerevisiae" Li ZH, Liu M, Lyu XM, Wang FQ, Wei DZ. J Basic Microbiol. 2018 Sep 9
  • 華東理工大学と南洋理工大学の研究チームは、S. cerevisiaeTRN10REX4を標的とするCRISPR/Cpf1プラスミドとcrRNAアレイ発現プラスミドにより、2ヶ所の切断とそれに引き続く再連結を経て、2遺伝子間のDNA断片〜38 kbの切除を実現
2. U-rich 3'-オーバーハングを伴うcrRNAによりCpf1によるゲノム編集の効率を向上
[出典] "Highly efficient genome editing by CRISPR-Cpf1 using CRISPR RNA with a uridinylate-rich 3′-overhang" Bin Moon S, Lee JM, Kang JG, Lee NE, Ha DI, Kim DY, Kim SH, Yoo K, Kim D, Ko JH, Kim YS. Nat Commun. 2018 Sep 7;9(1):3651.
  • Cpf1はCas9に無い特長を備えているが、indel変異誘導が標的に依存して低効率になることから、Cpf1は十分に活用されていない。Yong-Sam Kimの研究グループは今回、標的に相補的な20塩基に、uridinylate-richな3'-オーバーハング (U4AU4 3'-オーバーハング)を加えたcrRNAを利用することで、Cpf1による効率的なゲノム編集を実現した。
  • U-richなcrRNAはまた、AsCpf1のPAM改変変異体とmRNAからの多重crRNAsに基づく多重編集の有用性を最大化し、さらに、ヒト細胞におけるより安全な選択的ゲノム編集を実現した。
3. CRISPR-SaCas9をrAAV8で送達し、HBVトランスジェニック・マウスにて、HBV発現を抑制
[出典] "Inhibition of HBV expression in HBV transgenic mice using AAV-delivered CRISPR-SaCas9" Li H, Sheng C, Liu H [..] Sun Y, Qiu S, Song H. Front Immunol. 2018 Sep 11.
  • B型肝炎ウイルス抗原 (HBsAg)の慢性的生産は炎症と壊死を引き起こし、壊死した肝細胞からの酵素流出亢進、肝炎、肝硬変、肝細胞癌、および肝不全に至る。しかし、HBV患者におけるHBsAg発現を十分抑制する手段は無い。
  • 中国の研究チームは先行研究で、CRISPR-Cas9によるHBV cccDNAの破壊に成功していたが、今回、 小型のCRISPR-SaCas9と、293T細胞における活性評価から選別したgRNAをrAAV8により、HBV慢性感染モデルマウスに送達し、58日間にわたる血清中のHBsAg, HBeAgおよびHBV DNAのレベル低下、ならびに、肝細胞内のHBcAgレベル低下、を実現した。
4. ODNを介したCRISPR/Cas9によるDSBからの修復実験により、HRとNHEJを定量的にアッセイ
[出典] "Quantitative assessment of HR and NHEJ activities via CRISPR/Cas9-induced oligodeoxynucleotide-mediated DSB repair" Du J, Yin N, Xie T, Zheng Y, Xia N,  Shang J, Chen F, Zhang H, Yu J, Liu F. DNA Repair. 2018 Sep 6.
  • CRISPR/Cas9プラスミドとマーカ配列を帯びたssODNまたは平滑末端のdsODNを同時に送達 (HRとNHEJを介してそれぞれssODNとdsODNがDSBサイトへ挿入される);マーカー特異的プライマーとDBSサイトに接するプライマーを介したPCRでODNの挿入効率を測定;HRとNHEJ阻害実験により検証
5. [展望]CRISPR技術による発癌遺伝子特異的編集
[出典] "Perspective: Specific Targeting of Oncogenes Using CRISPR Technology" Oppel F, Schürmann M, Goon P, Albers AE, Sudhoff H. Cancer Res. 2018 Sep 7.
  • 癌のドライバーとなるウイルスと変異によって活性化する発癌遺伝子を特異的に標的とするCRISPRゲノム編集技術を展望
6. 固相ナノポア (solid-state nano pores)によるDNA上のCRISPR-dCas9検出
[出典] "Detection of CRISPR-dCas9 on DNA with solid-state nanopores" Yang W, Restrepo-Pérez L, Bengtson M, Heerema SJ, Birnie A, van der Torre J, Dekker C. Nano Lett. 2018 Sep 6. 
  • 診断を含むバイオセンシングのプラットフォームとして期待されている固相ナノポアにより、DNAに結合しているdCas9の検出と結合位置の特定を実現;dCas9はナノポアの高塩濃度 (1M LiCl)条件でもDNAに安定に結合
7. [レビュー] マイクロバイオーム由来CRISPRスペーサからヒト・バイローム (virome)を探る
[出典] "Review: Insights into the Human Virome Using CRISPR Spacers from Microbiomes" Hidalgo-Cantabrana C, Sanozky-Dawes R,  Barrangou R. Viruses. 2018 Sep 7.
  • 近年、ヒト・マイクロバイオームの研究が急速に進展した一方でヒト・バイロームの研究は進んでいない。Barrabgouの研究チームは、常在バクテリアと病原バクテリアのCRISPRスペーサから、バクテリアのファージへの暴露を推定する手法を示し、ヒトの消化管、口腔、膣、皮膚のメタゲノムデータ、または、特定のバクテリアのデータから抽出したCRISPRスペーサから、各部位でのバイローム同定の事例を紹介し、バイロームのサンプリングとシーケンシングの促進を提言
8. [プロトコル] CRISPR-Cas9システムによる卵菌類植物病原菌Phytophthora capsici の形質転換
[出典] "Protocol of Phytophthora capsici Transformation Using the CRISPR-Cas9 System
" Wang Z, Tyler BM, Liu X.  In: Ma W., Wolpert T. (eds) Plant Pathogenic Fungi and Oomycetes. Methods in Molecular Biology. 2018 Sep 5.

9. [特許] プロモーターを活性化または抑制するために最適なCas9ガイド鎖の同定法
  • 公開日 08/30/2018. 発明者 Inventors Novina C, Meister G. 権利者 Dana-Farber Cancer Institute, Inc.
 2-6 October, 2018 - Mendoza, Argentina
 Neuromuscular Disorders Vol18 Supple. 2. October 2018.