[crisp_bio注] 2018-11-30更新; Wikipedia "Lulu and Nana"へのリンク追加; 2018-12-01更新
[概要]
  • 南方科技大学 (深圳)のJiankui He (賀建奎 副教授)は、HIV-1を発症しない"Berlin patient"の知見に基づいて1細胞期受精卵にHIV-1感染に関与するCCR5を標的とするCRISPR/Cas9遺伝子編集を加えた双生児(YouTubeではLuLu(露露)とNana(娜娜)と呼ばれている)が数週間前に誕生し、標的遺伝子以外のゲノムに異常はなく(オフターゲット編集はみられず)順調に成長していると、YouTubeで発表した (11月28日に第2回ヒトゲノム編集国際サミットで講演;以下の[出典の関連記事]の項にリンクあり)。
  • 論文発表はなされていないが、MIT Technology Reviewの記事からリンクされている中国における治験登録Webサイトには、"Safety and validity evaluation of HIV immune gene CCR5 gene editing in human embryos"が登録されている (その後、登録が削除された (削除日不明))。
  • 関連crisp_bio記事
  • 2018-12-04 CRISPR遺伝子改変ベビー中国で誕生か(4) 論点整理 - 関連記事を順次追加
  • 2018-12-01 CRISPR遺伝子改変ベビー中国で誕生か(3) 生殖細胞系列ゲノム編集の臨床応用への道
  • 2018-11-30 CRISPR遺伝子改変ベビー中国で誕生か(2)
[出典と関連記事]