[出典] "Peripheral T cell cytotoxicity predicts T cell function in the tumor microenvironment" Iwahori K [..]  Wada H. Sci Rep. 2019-02-22.
  • 大阪大学を中心とする日米の研究グループは今回、二重特異性抗体BiTEを利用することで、末梢血内T細胞の細胞障害性が、腫瘍浸潤T細胞の細胞障害性と相関し、さらに、抗PD-1抗体の治療効果の予測因子として有望であることを示した。
  • BiTE はT細胞表面抗原CD3に結合する一本鎖抗体 (scFv)と腫瘍細胞表面特異的抗原 (例: CD19; EphA2)に結合するscFvsを備えおり、T細胞を腫瘍細胞に誘導可能であることから、アステラス・アムジェン・バイオファーマによって、B細胞性急性リンパ性白血病治療薬ビーリンサイトとして商品化されている。
  • 研究グループは非小細胞肺がん (NSCLC)患者新鮮腫瘍肺組織浸潤T細胞(lung tumor-infiltrated cells, TIC)、健常な肺組織浸潤T細胞 (normal lung-infiltrated cells, NIC)、および末梢血単核細胞T細胞 (PBMC)について、癌細胞株ならびにBiTEと共培養することで細胞障害性を測定し、TICとPBMC T細胞の細胞障害性が密接に相関することを見出し、これを、免疫プロファイル (Tim-3+/CD8T+ T細胞の比)と分泌サイトカイン (IFNγ)およびTCRレパトアにより裏付けた。
  • 研究グループは、BiTEを利用して測定した細胞障害性と、免疫染色により判定した腫瘍細胞におけるPD-L1レベル、ニボルマブ(オプジーボ)の効用の相関解析から、末梢血T細胞の細胞障害性がニボルマブ(オプジーボ)の治療効果の予測因子として利用可能なことも示した。