crisp_bio

ブログ名のcrisp_bioは,crispとCRISPRに由来し,CRISPR関連,時折,データベース,マイクロバイオーム,タンパク質,リキッドバイオプシー関連の,主として研究論文の紹介,を続けている.2020年3月からは新型コロナウイルス関連投稿が加わり,まだ収束していない.ブログアイコンはウェルカムトラスト・ゲノムキャンパス内のモニュメントの一つ.菅原秀明 [理研からDDBJ/遺伝研を経てフリー]

2018年06月

1.[レビュー] CRISPR技術によるシアノバクテリアの代謝工学[出典] "CRISPR-Based Technologies for Metabolic Engineering in Cyanobacteria" Behler J, Vijay D, Hess WR, Akhtar MK. Trends Biotechnol 2018 Jun 21.CRISPR/Cas9とCRISPR/Cas12aによって、シアノバクテリ ... もっと読む

1.CRISPR/Cas9システムが、カチオン性ナノエマルジョンおよびリポソームの物理化学的特性に与える影響[出典] "Physicochemical properties of cationic nanoemulsions and liposomes obtained by microfluidization complexed with a single plasmid or along with an olig ... もっと読む

1.[技術展望]多能性幹細胞からの細胞系譜解析のルネサンス[出典] Technology Feature "Stem cells: lineage tracing lets single cells talk about their past" Marx V. Nat Methods. 2018 May 31.受精卵から成体に至るまでの細胞の系譜を解明する技術は、ジョン・サルスト ... もっと読む

医学生物学研究資源の代表である遺伝子・ゲノムデータについては, DDBJ, NCBIおよびEMBL-EBIが共同で構築・提供しているINSDC(International Nucleotide Sequence Database Collaboration)に蓄積され広く利用される制度そして研究文化が確立しています。微生物学の世界では古 ... もっと読む

[出典] "Efficient single-copy HDR by 5' modified long dsDNA donors" Gutierrez-Triana JA, Thumberger T, Tavhelidse T [..] Wittbrodt J. bioRxiv 2018-06-22 CRISPR/Cas9は、DSBのNHEJ修復機構を介してゲノム上の標的部位への効率的変異誘発を可能にしたが、遺伝子の修 ... もっと読む

↑このページのトップヘ