crisp_bio

2017年4月から生命科学・バイテクのインフラ (DB; バイオリソース; 技術),なかでもCRISPRシステム,の成果と話題を綴ってきましたが,2020年4月からは,ついついCOVID-19を巡る投稿が増えてしまいました.COVID-19対策の優等生と言われていた国々でも感染が拡大するなど,この状況がしばらく続きそうです. 2021-06-18 記 (crisp_bio / SUGAWARA, H)

2020年01月

1. バクテリアに有効なCRISPRa/iを開発[出典] Programmable and portable CRISPR-Cas transcriptional activation in bacteria. Ho HI, Fang J, Cheung J, Wang HH. (bioRxiv. 2020-01-03) Mol Syst Biol 2020-07-13.  プログラム可能な遺伝子活性化法があれば、内在およ ... もっと読む

[出典] Quality Control Strategy for CRISPR-Cas9-Based Gene Editing Complicated by a Pseudogene. Hanss Z [..] Krüger R. Front. Genet. 2020-01-08. 偽遺伝子の機能偽遺伝子は、タンパク質に至る機能性遺伝子 (以下、親遺伝子)に相同性が高いDNA配列であり、ヒトゲノ ... もっと読む

[crisp_bio注] 2020-01-09 17:30 新生仔マウスに関する論文[*]の書誌情報とリンクを補足[出典1] Long-Term AAV-Mediated Factor VIII Expression in Nine Hemophilia A Dogs: A 10 Year Follow-up Analysis on Durability, Safety and Vector Integration. Nguyen GN [..] Sa ... もっと読む

[NEWS] Quest to use CRISPR against disease gains ground. Ledford. Nature. 2020-01-06. Nature誌に、2019年をCRISPR技術による医療応用の元年 (banner yearからの意訳)としたNewsが掲載された。Newsにある引用を含むCRISPR臨床試験および計画を取り上げたcrisp_bio記事 ... もっと読む

[出典] Near real-time intraoperative brain tumor diagnosis using stimulated Raman histology and deep neural networks. Tollon TC [..] Orringer DA. Nat Med. 2020-01-06; Neurosurgery. 2019 Sep; 66(Supplement. 1): nyz310_634背景癌外科手術の安全と効果は術中病 ... もっと読む

↑このページのトップヘ