1. [レビュー] CRISPR-Casシステムによる産業上有用な乳酸菌開発
[出典] [REVIEW] Applications of CRISPR-Cas systems in Lactic Acid Bacteria. Roberts A, Barrangou R. FEMS Microbiol Rev 2020-05-20
 Barrangouらが、CRISPR-Casの分類ならびにCRISPRのバイオロジーと作用機序を概観した上で、CRISPR-Casシステムによる乳酸菌開発の現状と将来を論じた。

2. キシロース誘導性CRISPR/Cas9システムにより、形質転換効率が低いBacillus licheniformisの効率的ゲノム編集を実現
[出典] "Efficient Genome Editing in Bacillus licheniformis Mediated by a Conditional CRISPR/Cas9 System" Li Y [..] Shi G. Microorganisms 2020-05-17
 江南大学の研究グループは今回、キシロース誘導性プロモーターをプラスミドに組込むことでcas9の恒常的発現を回避し、形質転換効率を0.1 cfu/μgから 2.42 cfu/μg DNAへと向上させた。0.5%キシロースでゲノム編集が進行し、α-アミラーゼ遺伝子の編集効率47.1~70.9%(PAM依存)を達成した。また、編集効率が温度に依存することを見出し、20 °Cで97%の最高位効率に達することを見出した。

3. CRISPR/Cas9により3重のTaNP1ホメオティック遺伝子のノックアウトを実現し、パンコムギの完全雄性不稔化を達成
[出典] "CRISPR/Cas9 mediated disruption of TaNP1 genes results in complete male sterility in bread wheat" Li J, Wang Z, He G, Ma L, Deng XW (北京大学を主とする研究グループ).  J Genet Genom 2020-05-20

4. [レビュー] ゲノム編集技術の進歩とダイズの品種改良技術
[出典] [REVIEW] Genome editing technology and application in soybean improvement. Bao A [..] Cao D. Oil Crop Science 2020-05-18
 ZFN, TALEN, CRISPR/Cas9, CRISPR/Cas12a, CBEとABE, それらの派生技術 (例 STEME http://crisp-bio.blog.jp/archives/21558325.html)に続いてゲノム編集技術に拠る大豆の品種改良の現状をレビューし、将来を展望。

5. 同質四倍体 (2n=4x=32)の複雑なゲノム構造のアルファルファ栽培種の効率的ゲノム編集を実現
[出典] "Allele-aware chromosome-level genome assembly and efficient transgene-free genome editing for the autotetraploid cultivated alfalfa" Chen H [..] Chen J, Wang W, Qiu Q. Nat Commun 2020-05-19
 中国科学院昆明動物研究所, 西北工業大学, 中国科学院西双版納熱帯植物園などの研究グループが、70 GbのPacBio CCSロングリードと、~126 Gbのイルミナショートリード、およびHi-Cデータから、ALLHiCアルゴリズム (Nature Plants, 2019)などを介して、アルファルファ栽培種のゲノムを"allele-aware, chromosomal-level”で再構築し [Fig. 1引用下図参照]、Alfalfa
CRISPR/Cas9技術によるアルファルファ栽培種のゲノム編集を実現した。