[出典] A sensitive and specific method for microRNA detection and in situ imaging based on a CRISPR–Cas9 modified catalytic hairpin assembly. Liu Y et al. RSC Adv 2020-07-28

 遼寧医学院第三医院の研究グループは今回、標題の戦略に基づいて、HeLa細胞由来エクソソーム内のmiRNA-21を超高感度で検出可能なことを実証した。検出限界は23.5 fMであった。
CHA
 この戦略はSheme 1から引用した右図にあるように、CHA (catalytic hairpin assembly)の枠組みにおけるCy3標識レポータ配列を帯びたH1プローブと消光因子BHQ-1を両端に備えたH2プローブ、レポータ配列のCRISPR-Cas9切断が誘導するCy3の発光、というシステムで具体化されている。