[出典] "Engineering disease resistant plants through CRISPR-Cas9 technology" Tyagi S [..] Won SY, Shukla P. GM Crops & Food. 2020-10-20

植物の免疫機構 植物は、病原性のバクテリア, 菌類, およびウイルスに対して、病原体のPAMPを検出するパターン認識受容体を介したPAMP誘導免疫と、病原体が分泌するエフェクターを検出する宿主細胞内受容体を介したエフェクター誘導免疫の機能を備えている [ライフサイエンス領域融合レビュー'植物における免疫誘導と病原微生物の感染戦略'の図1から引用した右図参照]

 National Institute of Agriculture Science (韓国)とMaharshi Dayanand University (インド)などの研究者は今回、複雑な植物の免疫システムをまとめた上で、そのコンポーネントを標的とするCRISPR-Cas9システムを介して植物に長期間継続する病害抵抗性を付与する研究動向をレビューし、また、CRISPR-Cas9システムの課題、CRISPR-Cas9編集作物を対象とする規制について論じ、将来を展望した。