[出典] "Diverse CRISPR-Cas Complexes Require Independent Translation of Small and Large Subunits from a Single Gene" McBride TM, Schwartz EA [..] Fagerlund. Mol Cell. 2020-11-27. https://doi.org/10.1016/j.molcel.2020.11.003
[構造情報] EMD-22912 (Wild-type type I-D Cascade structure determined by negative stain electron microscopy); EMD-21607 (Wild-type type I-D Cascade structure determined by cryo-electron microscopy) [2020-11-29時点でEMDB未公開]

 タイプI CRISPRのサブタイプI-D Cascadeについてこのところ、Aarhus UniversityとUniversity of CopenhageによるSulfolobus islandicus由来システムのX線結晶構造解析 [1]、徳島大学に明治大学が加わった研究グループによるMicrocystis aeruginosa由来システムの生化学的解析と植物ゲノム編集への応用 [2, 3]、University of CopenhagenとAarhus UniversityによるSulfolobus islandicusの生化学的解析とX線結晶解析 [4,5]の発表が続いてきたが、University of Otago (NZ)にUniversity of Texas at Austinが加わった研究グループは今回、Synechocystis sp. PCC 680由来システムのクライオ電顕による解析結果を報告した。
  • SynechocystisのタイプI-D Cascadeは、その化学量論比はタイプI の標準的Cascadeに準じ、全体構造はタイプIII複合体に類似している [Figure 1-A. Type I-D Cascade Contains a Small Subunit (Cas11d) Derived from cas10d参照]
  • cas10d 内にも翻訳開始点が存在し、SSU (small subunit) Cas11dが独立に翻訳され[Graphical Abstract参照]、 Cas11dがタイプI-D Cascadeの標的dsDNAへの特異的結合に必須である。
  • SynechocystisのタイプI-D CascadeでみられるSSUの翻訳形式は、cas10dまたはcas8遺伝子からの内部翻訳開始として、独立なcas11遺伝子を欠損するタイプI システム (ただし、サブタイプI-Fを除く)に共通している。
 [参考crsip_bio記事]
  1. crisp_bio 2020-11-28 抗-CRISPRタンパク質 (Acr)が, タイプI-D CRISPR-CasのサブユニットCas10dを阻害する構造基盤
  2. crisp_bio 2020-09-24 CRISPR/CasシステムのサブタイプI-Dに独特なDNA切断活性 [第1項] CRISPRタイプI-Dヌクレアーゼによるヒト細胞のゲノム編集
  3. crisp_bio 2020-11-13 CRISPRタイプI-Dヌクレアーゼによる植物ゲノム編集
  4. crisp_bio 2020-09-24 CRISPR/CasシステムのサブタイプI-Dに独特なDNA切断活性 [第2項] サブタイプI-DのDNA切断活性は、タイプIとタイプIIIのハイブリッド
  5. crisp_bio 2020-11-28 抗-CRISPRタンパク質 (Acr)が, タイプI-D CRISPR-CasのサブユニットCas10dを阻害する構造基盤