[出典] "CrisPam: SNP-Derived PAM Analysis Tool for Allele-Specific Targeting of Genetic Variants Using CRISPR-Cas Systems" Rabinowitz R, Almog S, Darnell R, Offen D. Front Genet. 2020-08-18. https://doi.org/10.3389/fgene.2020.00851

 Tel Aviv Universityの研究チームは、はじめに、ヒト疾患SNPsデータベース (dbSNP), UCSCゲノムブラウザーおよびClinVarを統合してヒト病原性SNPsデータセットを構築し、病原性SNPsの90%が、少なくとも1種類のPAMを生成することを見出し、続いて、このSNP誘導PAMを介して、病原性SNPを帯びたアレルを特異的に編集することが可能なことを実証し、そうしたPAMを手がかりとするgRNA設計支援システムCrisPamを開発・公開 (https://www.danioffenlab.com/crispam)した。2020-11-30 15.21.53
  • Figure 1から引用した右図は、アルツハイマー病のリスク因子として知られるPSEN1遺伝子のrs63750526 SNPによって、6種類のCasヌクレアーゼのPAMとして新たに生成された配列の例を示している。
  • CrisPamは、論文投稿時点で、23種類のCasヌクレアーゼに適合する26種類のPAMに対応している[Table 1参照]。
 [参考: Tel Aviv Universityの研究グループの成果]
  • crisp_bio 2020-05-28 CBEの弱点バイスタンダー塩基置換を同義置換を介して災い転じて福となし、CBEによるトランスバージョンを実現