2021-03-01 06:34 初稿; 19:56 投稿タイトル修正 ヒト造血細胞 →ヒト造血細胞
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[出典] "Correction of β-thalassemia by CRISPR/Cas9 editing of the α-globin locus in human hematopoietic stem cells" Pavani G et al. Blood Adv 2021-02-26. https://doi.org/10.1182/bloodadvances.2020001996
  Integrated Genetic Approaches in Therapeutic Discovery for Rare Diseases (INTEGRARE), Genethonを主とする研究グループの成果。
  • βサラセミアはHBB 遺伝子の点突然変異が病因である。βグロビンはαグロビンと協働して成人ヘモグロビン (HbA, α2β2)を形成する。βグロビン鎖が減少するか欠失すると、フリーな状態のαグロビンが沈殿して細胞膜を損傷し、溶血と赤血球生成不全に至る。
  • 臨床データによると、βサラセミアの重症度がαグロビン遺伝子 (HBA1HBA2)の数と相関し、αグロビン遺伝子の欠失は患者に有益である。研究グループは今回、ヒト造血肝細胞・前駆細胞 (HSPCs)においてCRISPR/Cas9ゲノム編集技術によりαグロビン遺伝子を編集する新たなβサラセミア療法の可能性を示した。
  • このCRISPR/Cas9ゲノム編集には2つの目的があった: (1) HBA2 遺伝子ノックアウトを介したαグロビンの下方制御と自然なαサラセミア形質の発現; (2) HBA2プロモーターの下流にβグロビンのトランスジーン挿入を介したβグロビンの発現
  • このCRISPR/Cas9ゲノム編集戦略により、βサラセミア HSPCsから分化した赤芽球におけるα/βグロビンの不均衡を修正した。
  • さらに、Cas9ニッカーゼをベースとするゲノム編集によって、indelsを伴わない精密な編集を実現した。