2021-04-17 2021-04-10 21.47.44ブラジル由来変異株P1は免疫逃避能 [変異株比較について右図参照]が高いとする論文がCell [*1]にも掲載されたが,ブラジルの新型コロナウイルスによる死者は,4月に入ってからに変異株が発生する以前からを含めて35万人を超えた.
[*1] crisp_bio "新型コロナウイルス: 英国由来-,南ア由来-,ブラジル由来 - 変異株の免疫回避能 (2+1 報)"  https://crisp-bio.blog.jp/archives/26000208.html [第3項] .南ア由来B.1.351変異株とブラジル由来P.1変異株は免疫を回避する; 論文のグラフィカルアブストラクト参照 https://marlin-prod.literatumonline.com/cms/attachment/8b730dd4-e49d-47b7-bfa7-74e29b7374c8/fx1_lrg.jpg

 サンパウロ州のジャン・ゴリンスタイン保健長官は,P1変異株が蔓延した結果「第1波では高齢者の重症化が多かったが、今はそうではない。特に若年層の重症化が多くなっている若いため、病気に対し楽観的なので、病院に行くのを先延ばしにし、病院に来た時には深刻な状態になっている」と述べた [*2]
[*2] YAHOO!ニュース (REUTERSから引用). 2021-04-15 10:17. https://news.yahoo.co.jp/articles/72b8ceb98a1231079df68f6823bd41df934a1209

 BBCのマーク・マーロン記者はそのブラジルを取材し,4月15日に "ICU患者の半分が40歳以下" とする記事[*3]を発表した.
[*3] BBC NEWS, JAPAN. 2021-04-15 (4分21秒). https://www.bbc.com/japanese/video-56742332
ブラジルのサンパウロにある中南米最大の墓地にて
 棺が次々と運ばれ夜間も埋葬が行われている.棺が一つ埋葬されるとすぐに次の棺が運ばれてくる;[夫を亡くした妻の言葉] ワクチンを必要な時にきちんと確保していれば夫やこの人たちはここに運ばれなくて済んだんです」
仮設病院へと姿を変えたサンパウロ郊外の屋内競技場にて
 2週間ほど前に一部の患者が他へ移送されるまで190床すべてが埋まっていた.国内のほとんどの病院で病床占有率が90%を超える中,その後,ここにも毎日新しい患者が運ばれてくる;[医師] ブラジルはロックダウンをせず,全国的な行動制限もありませんでした;[28歳の患者] 点滴のための血管がもう腕から見つけられなくなった時,大動脈から点滴を入れる必要があると言われました.そうしたら気管挿管になって自分で呼吸できないかもしれない.もう終わりだと思いました」
ワクチン接種会場にて
 本日から68歳以上と教職員へのワクチン接種が始まった.会場には長い行列ができているが,ブラジルのワクチン確保と供給は非常にゆっくり進んでいる;ブラジルでは先週1日の死者が4,200人を超えた [1分にほぼ3人のペース] .(新型コロナウイルスからの回復者である)大統領自身はワクチンを受けないと言っており,さらにワクチンにはひどい副作用があると仄かしたので,支持者は接種をためらっている.
[crisp_bio注] なお,1月のロイターによると大統領の支持率は下落したが,弾劾には過半数が反対しているとのこと.  [REUTERS Japan 2021-01-25 14:50. https://jp.reuters.com/article/brazil-politics-idJPKBN29U0EH]

2021-03-26
 
ブラジル保健相、三たび交代 1日のコロナ死者が初の3千人超. JIJI.COM 2021-03-24. 14:18. https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032400771&g=int
2021-03-22 初稿
----------------------
[出典] "Genomics and epidemiology of a novel SARS-CoV-2 lineage in Manaus, Brazil" Faria NR [..] Bhatt S, Sabino EC. medRxiv. 2021-03-03 [査読無し投稿].
https://doi.org/10.1101/2021.02.26.21252554
 ブラジルのマナウスでは、2020年10月の時点で血液検査の結果から人口の76%がSARS-CoV-2に感染したと推計された [*]のにもかかわらず、SARS-CoV-2感染が再拡大した。
[*] 
"Resurgence of COVID-19 in Manaus, Brazil, despite high seroprevalence" Sabino EC et al. Lancet. 2021-01-27. https://doi.org/10.1016/S0140-6736(21)00183-5
 Instituto de Medicina Tropica (サンパウロ)とImperial College Londonなどブラジルと英国の共同研究グループは、2020年11月から2021年1月の間にマナウスで採取したウイルスのゲノム・シーケンシングを行い、SARS-CoV-2の新たな憂慮すべき変異株 (Variant of concern: VOC) P.1系統が発生し蔓延したことを同定した。
  • P.1系統が感染者数に占める割合が、7週間以内に0%から87%にまで急増していた。
  • P.1系統は、Wuhan-Hu-1株に対してスパイクタンパク質における変異トリオ (K417T, E484K および N501Y)を含む17種類の変異を帯びており、ヒトのACE2受容体への結合親和性を高めていた。
  • 分子進化系統解析から、P.1系統は、2020年11月初旬ごろに発生し、また、それ以前に高速な分子進化が進んだと、推定された。
  • ゲノムデータと死亡データを統合したモデリングにより、P.1系統の伝播性はWuhan-Hu-1の1.4-2.2倍に相当し、P.1系統以外のSARS-CoV-2株への感染がもたらす免疫応答からの回避能が25-61%以上高い (免疫回避能は南アフリカ由来変異株B.1.351よりは低い) 。
  • ブラジルでは、アストラゼネカと中国 Sinovacのワクチンが接種されてきたが、在庫が不足したことで接種が中断される事例も出始めた。なお、Sinovacのワクチンの有効性はブラジルでの治験では50.4%にとどまっている。
[関連記事] 奈落の底をのぞき込むブラジル
[出典] "Brazil stares into the abyss as Covid intensive care units fill up everywhere" Tom Phillips in Rio de Janeiro. The Guardian. 2021-03-19 09:00 GMT. https://www.theguardian.com/world/2021/mar/19/brazil-coronavirus-intensive-care-unit-capacity; コロナ死者記録更新のブラジル、大統領が嘆かずに行動せよと呼び掛け. ロイター・ジャパン. 2021-03-05 10:18. https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-brazil-idJPKCN2AX03C
  • ボルソナロ大統領が国民に「泣き言をいう」のをやめて行動するよう呼び掛け、ロックダウンを拒み続けているブラジルでは、感染拡大が続き、多くの州でICUの占有率が95%を超えた。
  • サンパウロでは3月17日(水曜日)1日で死者679名を記録するに至った。ブラジル全土で2,798名の死者と90,830名の新規感染者を記録した同日、ブラジル下院のボルソナロ大統領派のリーダーRicardo Barrosは, 「状況は切迫していない。他の国々に比べて余裕だ(comfortable)」と述べた。
  • ブラジルの人口が世界人口に占める割合は2.7%であり、COIVD-19の死者に占める割合は10.6%である。