[出典] "An all-in-one telomerase assay based on CRISPR-Cas12a trans-cleavage while telomere synthesis" Yu P [..] Cheng W. Analytica Chimica Acta. 2021-03-23. https://doi.org/10.1016/j.aca.2021.338404
 重慶医科大学は今回,テロメラーゼによるテロメア伸長にDETECTR流のCRISPR-Cas12aバイオセンサーの反応を重ねることで [Graphical Abstract参照 https://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S0003267021002300-ga1_lrg.jpg],オールインワンのテロメラーゼ・アッセイ法を確立した.
  • 然るべく設計したcrRNAを介してテロメアの TTAGGG伸長を認識したCRISPR-Cas12aのコラテラル活性によるレポータの蛍光発光を測定する.
  • このアッセイは,37°Cでの等温ワンポット反応で1時間以内に完了し,ポイントオブケア検査に展開可能である.
  • HeLa細胞100個から3,000個の間で線形応答性を維持し,26個まで検出可能である.
  • テロメラーゼ細胞抽出液におけるテロメラーゼ活性をアッセイすることで,正常細胞と種々の腫瘍細胞とを識別可能であり,テロメラーゼを癌のバイーマーカとして利用可能なことを実証した.