[出典] "Ultrasensitive detection of gene-PIK3CA<H1047R> mutation based on cascaded strand displacement amplification and trans-cleavage ability of CRISPR/Cas12a" Deng Y, Cao G, Chen X, Yang M, Huo D, Hou C. Talanta. 2021-04-20. https://doi.org/10.1016/j.talanta.2021.122415; Graphical Abstract. https://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S0039914021003362-ga1_lrg.jpg
 低濃度のPIK3CA 遺伝子変異 [p.H1047R; c.3140A>G]の検出が乳癌の診断と治療に不可欠である.重庆大学生物工程学院の研究グループは今回,PIK3CA 遺伝子上の特異的な変異配列CGCを認識部位とするFsplエンドヌクレアーゼにより生成されるPIK3CA 遺伝子断片をトリガーとする鎖置換増幅 (strand displacement amplification; SDA)または鎖置換カスケード増幅 (cascaded strand displacement amplification; C-SDA)に,CRISPR/Cas12aコラテラル活性を介したシグナル増幅を加えることで,血中循環腫瘍DNA (ctDNA)の超高感度バイオセンサーを実現した.
  • SDA-CRISPR/Cas12aの組み合わせの最小検出量が5 pMであったところで,C-SDA-CRISPR/Cas12aの最小検出量は50 fMと,感度が2桁向上した.
  • C-SDA-CRISPR/Cas12aは,PIK3CA (H1047R) 遺伝子変異の最小検出濃度は0.001%に達した.
  • C-SDA-CRISPR/Cas12aバイオセンサーはまた,ヒト血清サンプルでも機能した.
 [鎖置換増幅とCas12aとの組み合わせ関連crisp_bio記事]