University of WashingtonとGeorgia Institute of Technologyからの論文
[出典] "Portable bacterial CRISPR transcriptional activation enables metabolic engineering in Pseudomonas putida" Kiattisewee C [..] Carothers JM, Zalatan JG. Metab Eng. 2021-04-28. https://doi.org/10.1016/j.ymben.2021.04.002
 E. coli で開発されたCRISPRaを,CRISPRaの構成要素の発現レベルの最適化とプロモーターの特徴を体系的に分析した上で,新たな宿主であるP. putida へと展開し,ビオプテリン経路とメバロン酸経路における生合成の制御を実現した.また,複数のプロモーターを標的とすることで遺伝子の多重活性化も実現した.