[出典] "Precise editing of FGFR3-TACC3 fusion genes with CRISPR-Cas13a provides a personalized therapeutic strategy for the treatment of human glioblastoma" Wu Y, Jin W [..] Wang J, Kang C. Mol Ther. 2021-07-15. https://doi.org/10.1016/j.ymthe.2021.07.002
 天津医科大学総医院の研究グループは今回,FGFR3-TACC3 (F3-T3) の接合部を標的とするcrRNAsのライブラリーを設計し,インシリコ・シミュレーションを介して最適なcrRNAを選定し,F3-T3を発現しているU87細胞 (U87-F3-T3)に特異的にコラテラル活性を示すCas13a-crRNAシステムを実現した.
 その上で,Cas13a-crRNAシステムの効果により,腫瘍細胞の増殖とコロニー形成が抑制され,同所性移植モデルマウスにおいても腫瘍成長が抑制されることを示し,Cas13a-crRNA療法は,F3-T3 を標的とする低分子の治療法に変わる精密な治療法候補とした.