[出典] "CRISPR-Cas12a-Powered Dual-Mode Biosensor for Ultrasensitive and Cross-validating Detection of Pathogenic Bacteria" Ma L [..] Man S. Acs Sens. 2021-07-19. https://doi.org/10.1021/acssensors.1c00686
 天津科技大学からの論文
  • サルモネラ菌特有のinvA 配列のアンプリコンを標的とするCas12aのコラテラル活性によるssDNA切断を介して,金ナノ粒子を凝集から分散へと誘導し,それに伴う色の変化を肉眼判定または色差計で記録した.
  • 加えて,808nmの近赤外光照射を介したAuNPsの光熱効果を,サーモグラフィにより記録することで定量的に測定した.
  • 2種類のモードはいずれも,1CFU/mLの検出限界と100~108CFU/mLの検出ダイナミックレンジを達成した.
  • このデュアルモード・バイオセンサーは,サルモネラ菌に対して十分な特異性を示し,食品サンプル中の検出も可能とし,陽性か陰性か双方のモードでの結果が一致した場合にのみ判定を保証する信頼性ん高いシステムを構築可能とした.