[出典] "Single nucleotide replacement in the Atlantic salmon genome using CRISPR/Cas9 and asymmetrical oligonucleotide donors" Straume AH [..] Edvardsen RB. BMC Genomics. 2021-07-22. https://doi.org/10.1186/s12864-021-07823-8
 アトランティックサーモンでは世代交代に時間がかかるため,ホモ接合変異体を得るためにF0世代での完全なHDRを実現させることが求められていた.CRISPR/Cas9によって一塩基の分解能でのDNA編集が可能になったが,これまでサーモンでは実証されていなかった.
  • Institute of Marine Research (ノルウエイ)にU Edinburghが加わった研究グループは今回,CRISPR/Cas9に非対称なODNを利用することで,一塩基分解能での編集を実証した.
  • SNR in dndF0胚にて,HDRを介してslc45a2 dnd へのFLAGのノックイン効率それぞれ最大36.7%と32.7%を達成した.
  • F0胚にて,HDRを介したdnd 遺伝子への未成熟終止コドン導入を実現した.ディープシークエンスで判定した効率は,単一胚で最大59.2%に達した [Fig. 3引用右図参照].