[出典] "LAMP-CRISPR-Cas12-based diagnostic platform for detection of Mycobacterium tuberculosis complex using real-time fluorescence or lateral flow test" Wang Y [..] Tai J. Microchim Acta. 2021-09-20. https://doi.org/10.1007/s00604-021-04985-w
 Capital Institute of Pediatrics (北京), Capital Medical University, Guizhou Medical Universityなどの研究グループが,LACD (loop-mediated isothermal amplification coupled with CRISPR-Cas12a-mediated diagnostic)と名付けた新たなCRISPRベースの核酸検出プラットフォームを開発した.
  • LACDは,従来のLAMP法で用いられていたコアプライマー (forward inner primerまたはbackward inner primer)を,リンカー領域にCas12aのPAM配列"TTTT"を含むように設計して,LAMPのアンプリコンに,CRISPR-Cas12aの認識に必要なPAMサイトをセットした.この工夫によって,PAMサイトを含まない標的でも検出可能とした.
  • 核酸検出におけるLACD法の実現可能性を,結核菌複合体 (MTC)で実証した.