iPSC[出典] PROTOCOL "Optimized electroporation of CRISPR-Cas9/gRNA ribonucleoprotein complex for selection-free homologous recombination in human pluripotent stem cells" Xu H, Kita Y, Bang U, Gee P, Hotta A. STAR Protocol. 2021-11-16. https://doi.org/10.1016/j.xpro.2021.100965
 UCSFとCiRAの研究グループによる解説 [Graphical abstractを右図に引用]: RNPを利用したヒト多能性幹細胞 (PSC)を対象とするセレクションフリーかつスカーレスなゲノム編集は,様々な応用が可能な有用なツールである.しかし,このプロセスは,時間のかかるサブクローニングのステップや,RNP複合とssDNAテンプレートの非効率なデリバリーによって妨げられることがある.ここでは,MaxCyteおよび4D-Nucleofectorエレクトロポレーターを利用して,フィーダーフリー,ゼノフリーのiPSCにおいて1塩基変換またはloxPサイト挿入を実現するために最適化されたプロトコルについて解説した.
 このプロトコルの利用と実行の詳細については、Kagitaら [1]およびXuら [2]を参照のこと.
  1. Kagita et al., 2021 "Efficient ssODN-mediated targeting by avoiding cellular inhibitory RNAs through precomplexed CRISPR-Cas9/sgRNA ribonucleoprotein" Stem Cell Reports. https://doi.org/10.1016/j.stemcr.2021.02.013
  2. Xu et al., 2019 "Targeted Disruption of HLA Genes via CRISPR-Cas9 Generates iPSCs with Enhanced Immune Compatibility" Cell Stem Cell. https://doi.org/10.1016/j.stem.2019.02.005