[注] PDX (Patient-derived xenografts)
[出典] "WT1 and DNMT3A Play an Essential Function and Represent Therapeutic Vulnerabilities in Certain AML Samples, As Shown By CRISPR/Cas9 Mediated Knockout in PDX Models In Vivo" Ghalandary M [..] Jeremias I. Blood (2021) 138 (Supplement 1): 377. https://doi.org/10.1182/blood-2021-150305
 German Research Center for Environmental Health (HMGU)とLudwig Maximilian Universityの研究グループの発表.
 WT1 DNMT3A の両遺伝子は急性骨髄性白血病 (AML)において頻繁に変異しているが,Cancer Dependency Mapのデータを含むほとんどのAML細胞株 in vitro 実験からのノックダウンやノックアウトのデータでは,いずれも非必須遺伝子と判定されており,それどころが,特定のモデルではあるが,いずれかをノックアウトすると,AML細胞株の成長が促進され,白血病発症が増加することが示されていた.
 今回の結果は,細胞株の固有の特徴そしてまたは生体内環境が,WT1およびDNMT3Aの機能に影響を与えることを示唆した.