[出典] "Targeted mutagenesis in plants using Beet curly top virus for efficient delivery of CRISPR/Cas12a components" Eini O, Schumann N, Niessen M, Varrelmann M. New Biotechnology 2021-12-08. https://doi.org/10.1016/j.nbt.2021.12.002
 University of Zanjan (イラン),Institute for Sugar Beet Research (ドイツ)およびKWS Saat SE & Co. KGaAの研究グループが,広い宿主範囲と高いDNA蓄積能力を持つビートカーリートップウイルス (BCTV)由来のジェミニウイルスレプリコンを作製し,CRISPR/Cas12aシステムを植物細胞内に効率的に導入する手法を開発し,タバコにおいて,蛍光タンパク質をレポーターとして,変異誘発に加えて相同組み換え修復を利用したGFPからYFPへの効率的変換も実現した.