[注] Craspase (CRISPR-guided caspase)  
2022-11-04 更新 Research Highlight刊行後に発表されたFang ZhangチームのScience 論文へのリンクを、本記事内の「引用論文そしてまたはその紹介crisp_bio記事などの第7項に追記し、また、その第2項に記載していたbioRxiv 投稿書誌情報にScience 誌採択論文としての書誌情報を追記した。
2022-11-02 初稿
[出典] Research Highlight "
A type III-E CRISPR Craspase exhibiting RNase and protease activities" Yang H, Patel DJ. Cell Res 2022-10-24. https://doi.org/10.1038/s41422-022-00739-2 [著者所属] Shanghai Institute of Biochemistry and Cell Biology, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center
 Cas7-11またはgRAMPと呼ばれるタイプIII-E CRISPR-Casエフェクターは、RNA誘導RNAエンドヌクレアーゼでありつつ、Csx29またはTRP-CHATと呼ばれる内因性タンパク質基質Csx30を標的とする推定カスパーゼ様プロテアーゼと結合して、Craspaseを形成している。
 コーネル大学のAilong Keが率いる研究チームがScience 誌にて発表した研究 [*1]をはじめとする関連研究 [*2-5]により、自己抑制されているCraspaseが、スペーサー (crRNA)と相補的なssRNAを分解し、非自己転写産物と結合したときのみペプチダーゼ活性を発揮して、潜在的な細胞死や成長停止を駆動する分子機構が明らかになってきた。また、加藤ら [*2]は、Csx30、Csx31、RpoEのN末端セグメントが、Craspaseの切断に関わらず安定な複合体を形成し、下流の様々なシグナル伝達を媒介する可能性があることを見出した。
 Csx30が誘発する細胞毒性の生物学的意味の解明はこれからであるが、今後、Craspaseシステムの構造的・機能的特徴を探ることで、新しいプログラム可能なRNA誘導型RNAやタンパク質ターゲティング技術の開発が進むことを期待できる。

 [*] 引用論文そしてまたはその紹介crisp_bio記事など
  1. [20221011更新] タイプIII-E CRISPRシステムのCraspaseは, crRNAにガイドされ、標的RNAで活性化するプロテアーゼであるhttps://crisp-bio.blog.jp/archives/30117222.html;"Craspase is a CRISPR RNA-guided, RNA-activated protease" Hu C, van Beljouw PB [..] Browns SJJ, Ailong Ke. Science 2022-08-25. https://doi.org/10.1126/science.add5064
  2. 2022-08-26 タイプIII-E CRISPR-Casはヌクレアーゼ・プロテアーゼであり, 標的RNAを認識しタンパク質を切断し細胞増殖を停止するhttps://crisp-bio.blog.jp/archives/30065282.html;"RNA-triggered protein cleavage and cell growth arrest by the type III-E CRISPR nuclease-protease" Kato J, Okazaki S, Schmitt-Ulms C, Jiang K [..] Abudayyeh OO, Gootenberg JS, Nishimasu H. Science 2022-11-03. https://doi.org/10.1126/science.add7347"RNA-triggered protein cleavage and cell death by the RNA-guided type III-E CRISPR-Cas nuclease-protease complex" Kato J, Okazaki S, Schmitt-Ulms C, Jiang K [..] Abudayyeh OO, Gootenberg JS, Nishimasu H. bioRxiv 2022-08-18 [プレプリント] https://doi.org/10.1101/2022.08.17.504292
  3. 2022-09-02 タイプIII-E CRSIPR免疫システムの構造と機構を探ったhttps://crisp-bio.blog.jp/archives/30117247.html;"Structural and functional insights into the type III-E CRISPR-Cas immunity" Liu X, Zhang L, Wang H, Xin Y, Huang L, Gan Z [..] Yang M, Feng Y. bioRxiv 2022-08-22 [プレプリント]. https://doi.org/10.1101/2022.08.22.504715
  4. "Structural rearrangements of a caspase-like protease TPR-CHAT govern virus-host discrimination during type III-E CRISPR-Caspase immunity" Cui N, Zhang JT [..] Huang H, Jia N. bioRxiv 2022-09-03 [プレプリント].  https://doi.org/10.1101/2022.09.03.506347 [著者所属] Southern U Science and Technology (深圳), Memorial Sloan Kettering Cancer Center;タイプIII-E CRISPR Caspase免疫において、カスパーゼ様プロテアーゼTPR-CHATの構造再編成が、ウイルスと宿主を識別する
  5. "Cryo-EM structure of the type III-E CRISPR-Cas effector gRAMP in complex with TPR-CHAT" Wang S, Guo M, Zhu Y, Lin Z, Huang Z. Cell Res 2022-10-24. https://doi.org/10.1038/s41422-022-00738-3 [著者所属] Harbin Institute of Technology, Westlake U (杭州);タイプIII-E CRISPR-CasエフェクターgRAMPとTPR-CHATの複合体のクライオ電顕構造
  6. [20220902] タイプIII-E CRISPR-Casシステム関連論文とcrisp_bio記事まとめhttps://crisp-bio.blog.jp/archives/30117363.html  
  7. タイプIII-E CRISPR関連プロテアーゼ (CASP):CRISPR関連エンドペプチダーゼによるRNA活性化タンパク質https://crisp-bio.blog.jp/archives/30697025.html;"RNA-activated protein cleavage with a CRISPR-associated endopeptidase" Strecker J, Demircioglu FE [..] Nishimasu H, Macrae RK, Zhang F. Science 2022-11-03. https://doi.org/10.1126/science.add7450