本記事は「COVID-19感染状況を見て思うこと (25)」の続きでありますが、また、「GoogleのCOVID-19感染予測 (日本版)を見て思うこと (1)」と題して2020年11月19日から始めた「思うこと」シリーズの最終回にあたります。
 日本のCOVID-19への取り組みが、感染症の分類変更を契機として、新たな段階に進もうとしており、今後、新型コロナウイルス死亡の定義の変更、感染者数の網羅的把握から定点観測への変更などの状況が落ち着いていくこと、また、SARS-CoV-2の起源とヒトへの感染経路の特定、ロングCOVIDの解明、そして、日本の新たな感染症対策戦略を、見守っていこうと思っています。

2023-03-31 19:39
 
都の日別感染者数は854人 (< 956人 (< 1,002人 > 1,001人) 、前週24日から39人減の0.96倍 (< 1.05倍 < 2.68倍 > 1.14倍)と9日ぶりの前週からの減少となり [挿入図左上参照]日別感染者数7日間移動平均(週平均) も814.0人 (< 819.6人 > 812.7人 > 722.9人)と増加が止まり、週平均の前週比も126.7% (< 135.5% < 142.0%  113.7%) と減少傾向が続いた [前週比推移は挿入図左下のグラフ参照;縦軸の値域を40-140%から50-150%へとシフト]スクリーンショット 2023-03-31 18.40.31全国の日別感染者数の週平均前週比[6,816人/6,587人] 103.4% (<111.8% < 116.7% > 96.6%>) と減少傾向が続いた。
 
都の重症者数は5人 (= 5人 > 3人 > 2人) と昨日同であったが [挿入図 中央下グラフ参照:縦軸の地域を 0 - 40人から 0 - 25人に変更] 全国の重症者数は67人 (< 68人 = 68人 > 67人 )と昨日から1人減となった。 都死亡日別死亡例の公表分には、70代 1例が加わった [挿入図右端の表参照]。直近の全国の死亡例は43例 (> 40例 > 34例 > 27例 > 17例) と3月27日の17例から4日連続の増加となった。
 
都の年代別の感染者数順については、20代 182人から30代 150人, 40代 134人, 50代 131人, までと、60代 83人から, 10代 68人, 10歳未満 42人, 70代 37人, 80代 23人, 90歳以上 4人までの、2つの集団の中でそれぞれ若干の入れ替えがあった。
 
都の病床使用率は9% (= 9% < 9.2% < 9.7%)と昨日同に留まり、検査の陽性率は5.8% (> 5.6% > 5.4% > 5.2%) と徐々にではあるが3日連続の上昇となった。
(EOF)