[出典] REVIEW "Current and prospective strategies for advancing the targeted delivery of CRISPR/Cas system via extracellular vesicles" Huang X [..] Feng S. J Nanobiotechnology. 2023-06-08. https://doi.org/10.1186/s12951-023-01952-w [著者所属] Henan University of Chinese Medicine.
 EV細胞外小胞 (EV) は、標準的な遺伝子の送達法に伴う毒性、生体適合性、および免疫原性に関連するリスクの回避を可能にすることから、CRISPR/Casシステムの送達法として期待されている [Fig. 1引用右図参照]。しかし、CRISPR/CasコンポーネントのEVによる輸送効率は、外来および内因性の多くの障壁のために、依然として不十分である。
 中国の研究チームが今回、EVベースのCRISPR/Cas送達システムの現状を包括的にレビューした。特に、カーゴの容量、安全性、安定性、ターゲティング、および追跡を潜在的に改善するために利用できる様々な戦略および方法論について検討した。さらに、遺伝子編集技術と遺伝子治療の実験室と臨床応用との間のギャップを埋める可能性のある遺伝子送達アプローチに至る可能性のあるEVベースの送達システム開発への道筋を論じた。
 [構成]
 Background
 - Loading
 - EV-loading pD
 - EV-loading mRNA
 - EV-loading RNPs
 - EV-loading Cas9 protein and sgRNA alone
 Safety
 Stability
 - Stability modification of EV membranes
 - Endolysosomal escape- EV storage
 Targeting
 - Indirect modification
 - Direct modification: Physical modification, Chemical modification
 - Artificial EVs
 Tracking
 Conclusions and future perspectives
 
 [図表一覧]