[出典] "CRISPR/Cas9-mediated seamless gene replacement in protoplasts expands the resistance spectrum to TMV-U1 strain in regenerated Nicotiana tabacum " Li Y,  Huang C, Liu Y [..] Yuan C. Plant Biotechnol J. 2023-08-23. https://doi.org/10.1111/pbi.14159 [著者所属] BGI-Shenzhen, National Tobacco Genetic Engineering Research Center, Institute of Vegetables and Flowers

 CRISPR/Casゲノム編集は、植物育種においても広く利用され進化し続けている。これまでの植物における利用の多くが、遺伝子のノックアウトであったが、作物の形質改良には、遺伝子をノックインする新しい方法の開発が急務となっている。
 
 中国の研究チームは今回、植物の再生が比較的困難なプロトプラスト法を最適化し[*]、最近のCRISPR/Casの進歩を組み合わることで、ナス科のモデル植物であるタバコにおけるシームレスな大規模断片の挿入を可能にする手法を開発した。
[*] プロトプラスト単離、プロトプラストトランスフェクション、植物再生を含む一連のプロトコルを最適化することで、N. tabacum の安定かつ効率的な再生手順を開発した。
 
 このシステムを用いて、N. tabacum 遺伝子の2つの抵抗性関連領域をN. alata 遺伝子の相同断片に置換することで、T0世代の非遺伝子組み換え植物にTMV-U1抵抗性を付与した。