[出典] 
論文 "Inducing multiple nicks promotes interhomolog homologous recombination to correct heterozygous mutations in somatic cells" Tomita A [..] Nakada S. Nat Commun. 2023-09-15. https://doi.org/10.1038/s41467-023-41048-5 [著者所属] 阪大,  東京都医学総合研究所, 名古屋大, Genomedia Inc
日本語解説記事 "新しいゲノム編集技術NICER法を開発 ~目的外変異の発生率を極めて低く抑えることで遺伝子疾患治療に応用へ~" 富田 亜希子、中田 慎一郎. 大阪大学大学院医学系研究科・医学部 NEWS &TOPICS. 2023-09-15. https://www.med.osaka-u.ac.jp/activities/results/2023year/snakata2023-9-15

 日本の研究チームが、標題にあるように多重ニック (multiple nicks: MNs)を介して、修復のテンプレートとして相同染色体を利用することで、ヘテロ接合体変異を修正する手法NICER (NIcks induced by Cas9 nickase and a homologous Chromosome as an Endogenous Repair template)を報告した。

 ヒト体細胞において、病因変異部位の近傍に1ヶ所のニックを誘導しただけでは遺伝子修正はほとんど成功しないが、相同染色体上にニックを追加することで、MNに誘導される (MN-induced) 相同染色体間の相同組換え (interhomolog homologous recombination: IH-HR)を利用するMN-IH-HR過程を介して遺伝子修正効率が著しく向上した。
 

 この過程は部分的にBRCA1とBRCA2に依存しており、MN-IH-HRにはいくつかの異なる経路が存在することを示唆している。著者らは、MN-IH-HRの機構解析の過程で、SpCas9などが誘導するDNA二本鎖切断 (DSB)の相同組み換え修復 (HR) は通常、細胞周期の後期S期とG2期に限定されるが、MN-IH-HRがG1期でも起こること、また、MNの発生が標的部位を取り囲む広範な領域での一本鎖DNAの露出につながり、MNがRAD51依存的な経路で修復されることを示唆する結果を得た。

 ゲノム解析によると、NICERは意図しないゲノム変化をほとんど誘導しない。さらに、NICERによって、複合ヘテロ接合変異を有する遺伝病由来の細胞において、疾患の原因となる遺伝子の発現を回復させることに成功した。
 
 NICERは遺伝子修正のための正確な戦略を提供する。