[出典] Review "Transformative Approaches for Sustainable Weed Management: The Power of Gene Drive and CRISPR-Cas9" Kumam Y, Trick HN, Vara Prasad PV, Jugulam M. Genes. 2023-12-04. https://doi.org/10.3390/genes14122176 [著者所属] Kansas State U

 雑草は作物の収量や生態系の健全性に悪影響を及ぼす可能性がある。多くの雑草管理戦略が開発され、展開されているが、総合的な雑草管理を実現する持続可能な方法の開発がより必要とされている。遺伝子ドライブシステムは、雑草の旺盛な成長と繁殖を抑制するアプローチの一つとして利用できるが、その有効性はまだ検証されていない。しかし、CRISPR-Cas9技術の登場により、標的遺伝子を特異的かつ正確に編集することが可能になり、さまざまな遺伝子ドライブシステムが開発され始めた。

 本総説では、CRISPR-based gene drive system.CRISPR-Cas9をベースとした遺伝子ドライブシステム [Figure 2引用右図参照]の利用や病害虫管理における成功例を引用しながらさまざまなタイプの遺伝子ドライブシステムに焦点を当てるとともに、雑草種における応用の可能性を探る。繁殖様式、雑草ゲノムデータベースの利用可能性、確立された形質転換プロトコールなど、雑草における遺伝子ドライブシステムの成功を支配する要因についても論じている。さらに、遺伝子ドライブを組み込んだ対立遺伝子を持つ雑草個体群を野生個体群に放すことに伴うリスクについても、生態学的影響や倫理的懸念に対処することの重要性と共に検討する。