[出典] "Efficient Editing of the CXCR4 Locus Using Cas9 Ribonucleoprotein Complexes Stabilized with Polyglutamic Acid" Golubev DS, Komkov DS, Shepelev MV, Mazurov DV, Kruglova NA. Dokl Biol Sci. 2024-01-08. https://doi.org/10.1134/S0012496623700862 [著者所属] Institute of Gene Biology (Moscow), Ben-Gurion University of the Negev (Israel), U Minnesota

 HIV感染症の遺伝子治療の標的であるCXCR4 遺伝子座の編集レベルを高めるために、Cas9タンパク質に追加のNLSシグナルを導入し、Cas9とsgRNAのRNPをポリ-L-グルタミン酸で安定化させた。このアプローチにより、CEM/R5 T細胞株におけるCXCR4ノックアウトのレベルを1.8倍まで高め、初代CD4+ Tリンパ球におけるHIV-1融合ペプチド阻害剤MT-C34のノックインレベルを倍増した。