#

登録/更新日

投稿タイトル

1

2024-02-06

[20240206更新] Predatory Reportsが、MDPIのすべてのジャーナルを"ハゲタカジャーナル"と認定

2

2024-01-03

GDF15ホルモンが妊娠時の悪阻 (つわりに関わる分子機構

3

2024-02-25

[20240225更新新型コロナ後遺症 (新型コロナウイルス感染症の罹患後症状); ロングCOVID

4

2024-02-15

[20240215更新フェイク論文による研究社会の汚染を阻止するために行動する時が来た

5

2024-02-29

[20240229更新新型コロナウイルスワクチンに関する雑感と専門家からの情報 (2)

6

2024-03-01

[20240301更新] Cas12/13/14 バイオセンサーの広がり (5)

7

2024-02-27

[20240227更新新型コロナ後遺症:ブレインフォグ (脳霧に関連する血液脳関門の破綻と持続的な全身性炎症

8

2021-06-08

[20210608更新] [解説新型コロナウイルスのスパイク (S)タンパク質とは?

9

2023-10-27

[20231027更新タンパク質フォールディング問題を解く易い、早い、上手い

10

2024-02-13

[20240213更新] CRISPR-Cas9を利用して69種類の遺伝子改変を施したブタの腎臓をカニクイザルに移植し、最長2年間生存

11

2024-02-16

REMOVER-PITCh: 高度に多重化されたCRISPR-Cas9によるマイクロホモロジー支援長距離遺伝子置換

12

2024-02-06

新型コロナサーズウイルス2死すとも炎症性超分子複合体*として復活しヒト組織に炎症を引き起こす

13

2024-02-21

[ニュース] RNA編集が勢いを増している, CRISPRゲノム編集は席を詰めてもらえます?

14

2024-02-07

RNA:DNAハイブリッドにおける一時的かつ低集積な互変異性体およびアニオン性ワトソン-クリック様G-T/UNMR測定:転写の忠実性とCRISPR/Cas9遺伝子編集への示唆

15

2021-06-11

[20210611更新新たな近接依存性標識法"TurboID"によるPPI解析 + Split-TurboID

16

2024-01-31

"ブリッジRNAリコンビナーゼ"の発見:siRNACRISPRを超える大規模なゲノム改変を可能にするRNAガイド酵素システムの新たなクラス

17

2023-08-18

[20230818更新構造予測ネットワークと拡散生成モデルを統合することで、汎用性が高く精密なタンパク質設計を実現

18

2024-02-13

[レビュー] CRISPRをベースとするゲノム挿入 (ノックイン/KI) 技術の最近の進歩

19

2024-02-18

核局在タンパク質とCas9の相互作用を介して核局在化シグナル (NLS)を伴わないCas9も効率的なゲノム編集をもたらす

20

2024-02-12

市販のオリゴヌクレオチドは, CRISPRガイドやその他の目的外のヌクレオチド配列で交差汚染されている

21

2024-02-28

研究不正を助長する新たな業者が登場 - 引用文献を'盛る'サービスを提供

22

2024-02-20

1分子イメージング技術により細胞内でのセントラルドグマの動態を見ることで、遺伝子翻訳の新たな緩衝機構を発見

23

2024-02-16

[20240216更新] CRISPR指向性インテグラーゼを利用して、DSBを誘発することなく、巨大配列のノックイン"ドラッグ・アンド・ドロップ"を実現

24

2024-02-22

Nature Biotechnology 20242月号はタンパク質工学を特集

25

2024-02-27

[ニュース光る観葉植物が米国市場で光る

26

2024-02-17

[20240217更新世界初のCRSIPR遺伝子治療承認 - CRISPR/Cas9による鎌状赤血球症とβサラセミアの治療

27

2024-02-09

リコンビナーゼにジンクフィンガー・ドメインを挿入することで、DNA編集の限界を突破

28

2024-02-27

ウシ細胞と一体化したコメ粒は環境に優しく栄養価が高く、持続可能な食糧システムをもたらす食品素材である

29

2024-02-27

Cas13, RNAからDNAへ:CRISPR/LbuCas13aより優れた一塩基特異性を示す

30

2024-02-07

細胞型特異的遺伝子制御を実現する合成エンハンサーを深層学習によりデザイン (論文2報)