[出典] REVIEW "Harnessing the potential of mutation breeding, CRISPR genome editing, and beyond for sustainable agriculture" Nor A’azizam NM, Chopra S, Guleria P et al. Funct Integr Genomics. 2024-02-29. https://doi.org/10.1007/s10142-024-01325-y [所属] U Malaya, DAV U (India), Lovely Professional U (India), U Putra Malaysia.

 2050年までに、世界人口は95億人を超えると予測されており、世界の食料安全保障 (food security) を確保することは極めて困難な課題となっている。この喫緊な課題に対処するため、物理的または化学的方法を利用した園芸作物の突然変異育種が、有望なバイオテクノロジー戦略として浮上している。しかし、突然変異原の効力は、生物学および環境の変数や対象とする植物材料を含む様々な要因に左右される可能性がある。

 マレーシアとインドの研究チームによるレビューは、食糧安全保障に関する地球規模の課題に焦点を当て、食糧不安 (food insecurity)  [Fig. 1参照]の克服に不可欠なバイオテクノロジーツールとしての突然変異育種の可能性を探る。また、高収量でストレス耐性の作物を開発するための精密なゲノム編集を提供する画期的な技術であるCRISPR-Cas9も取り上げ、突然変異育種とCRISPR技術を組み合わせることで、将来の食糧需要に対応できる可能性があると主張する。

[構成]
 Introduction
 Food insecurity [Fig. 1参照]
 Classical plant breeding vs. mutation breeding
Physical mutagenesis (X-rays; Gamma rays; Ultraviolet light; Alpha and beta particles)
Chemical mutagenesis
 CRISPR Cas 9 mediated targeted mutagenesis
Approaches of gene modification via CRISPR/CAS system
     (Site directed mutagenesis; Gene knockout; Addition of gene)
Applications of CRISPR in breeding technology
Induced stress tolerance using CRISPR
 Traits improvement via mutation breeding
Biotic stress resistance
Abiotic stress tolerance
Enhancement of yield and agronomic traits
Crops quality and nutrient content
Mutation breeding for improvement of food crops
Rice
Horticultural crops
Future prospective

[図表一覧]